痛みはあるの?

公開日: |最終更新日時:

ここでは、歯列矯正をした際の痛みについて説明しています。

歯列矯正治療での痛み

歯列矯正の治療では、「痛い」という感想や口コミを見ることがありますが、この痛みの原因は何なのでしょうか。

矯正治療でも神経の痛みなどは当然起こります。

はじめて矯正装置を付けて治療を行う場合、違和感に驚く人は多いはずです。それは普通の生活では、歯に固形物を貼り付けたり、歯を引っ張ったりすることがないためです。

そのため、少しの違和感や痛みが強く意識されることで、より強い痛みとして認識されてしまいます。しかし、装置を付け続けることによって違和感は徐々に無くなり、痛みも同時に軽減される場合がほとんどです。

もし、治療を行って相当の期間が経過しても痛みが続くとしたら、矯正装置が歯に合っていないことが考えられます。担当の医師に相談して、装置の見直しをしてもらうなど、積極的な働きかけで、改善を目指す必要があるでしょう。

最近は矯正の装置や技術も発達しているため、痛みはやはり治療初期が多いです。進んでいくと少なくなっていきます。歯列矯正が痛いというのは、治療が適切でない場合か、ずっと昔に治療を受けた人の意見と考えて良いでしょう。

矯正装置以外の原因による痛み

矯正装置によって歯が引っ張られることで、治療初期に感じる痛み以外にも、矯正に伴う痛みが起こることがあります。

最も多いものは口内炎や歯肉炎で、矯正装置が頬の裏側や歯茎を圧迫することから、炎症を起こして痛みが発生します。装置が歯や口に合っていない場合にも、炎症を起こすことがあるので、このような場合は早めに担当医に相談すると良いでしょう。装置に問題がない場合は、1ヵ月から2ヵ月程度で炎症も改善されていきます。

矯正の治療中は、食べ物が挟まりやすく、歯磨きもしにくいことから、虫歯ができやすい状態になります。定期健診の際の検査で、虫歯がある場合は、矯正担当医が注意してくれます。虫歯を指摘されたら、矯正治療の妨げにならないよう、できるだけ早く治療を行うようにしてください。

監修医師紹介

阿部洋太郎 歯科医師・博士

阿部洋太郎先生
  • 専門とする科目:矯正歯科
  • 所属:丸の内帝劇デンタルクリニック
    https://www.teigeki-dental.com/
  • プロフィール:
    日本大学松戸歯学部を卒業後、歯科保存学入局
    千葉県の歯科医院、都内の歯科医院にて勤務
    松島歯科・新橋インプラントオフィスにて副院長およびインプラントオフィス所長を兼務
    日本大学大学院松戸歯学研究科を卒業(インプラントと口腔粘膜病変の研究、コラーゲンとエラスチンの研究、カンジダと癌の研究)
    医療法人社団ever丸の内帝劇デンタルクリニックにて審美歯科を中心に診療

矯正治療に関するその他のQ&A

大阪の矯正歯科口コミ大百科