おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪矯正歯科グループ公式HPキャプチャ

大阪矯正歯科グループ

大阪市北区・中央区・浪速区、吹田市、豊中市、高槻市

  • 表側矯正:825,000円~
  • 裏側矯正:1,595,000円~
  • マウスピース矯正:990,000円~
  • 部分矯正:220,000円~

電話で問い合わせる

ますの歯科・矯正歯科公式HPキャプチャ

ますの歯科・矯正歯科

箕面市

  • 表側矯正:要問合せ
  • 裏側矯正:1,320,000円~
  • マウスピース矯正:要問合せ
  • 部分矯正:165,000円~

電話で問い合わせる

井上歯科クリニック公式HPキャプチャ

井上歯科クリニック

大阪市中央区

  • 表側矯正:要問合せ
  • 裏側矯正:要問合せ
  • マウスピース矯正:880,000円~
  • 部分矯正:要問合せ

電話で問い合わせる

あすなろ歯科・矯正歯科公式HPキャプチャ

あすなろ歯科・矯正歯科

高槻市

  • 表側矯正:770,000円~
  • 裏側矯正:1,100,000円~
  • マウスピース矯正:990,000円~
  • 部分矯正:220,000円~

電話で問い合わせる

※当サイトに掲載している大阪の歯科医院の中から、
・表側、裏側、マウスピース(インビザライン)、部分矯正の4種類に対応
・歯科用スキャナー「iTero」を導入した治療を実施
・総合歯科
の3つの条件に合致する4院をピックアップしています(2021年6月調査時点)
※各医院の料金について:表側・裏側・マウスピース矯正は上下顎、部分矯正は軽度の不正咬合を最低金額として掲載しています

費用の相場を教えて

公開日: |最終更新日時:

ここでは矯正歯科の費用相場について説明しています。

矯正歯科治療の費用

矯正歯科治療の費用は、治療方法と患者の歯や口の状態・治療期間によって大きく異なります。また費用のシステムも医院ごとに異なるため、一様に比較することは困難です。

一般的に、矯正歯科の治療にかかる費用の種類としては、次のようなものがあります。

●カウンセリング料(初回相談)

矯正の治療を受ける前に簡単な検査をして、必要な治療と期間、費用についての相談を行います。無料にしている医院も少なくありませんが、おおむね3,000円から1万円程度の料金が掛かるようです。

●検査・診断料

精密検査を行って治療計画を立てます。料金は医院によってかなりバラつきがあり、安いところで3万円、通常で5万円から7万円、高いところでは10万円のところもあります。

●矯正治療料金

矯正の治療にかかる基本料金です。装置代が含まれるため、使用する装置の種類によって金額が異なります。約30万円から150万円程度。難度が高い治療では200万円以上になる場合もあります。

●定期検診・調整料

月に1回から2回、または2ヵ月に1回など治療方法によって異なりますが、通院の際に毎回支払う費用です。ワイヤー矯正ではワイヤーの張替えなどの調整料、マウスピース矯正では歯形をとる費用などが含まれます。1回につき3,000円から1万円程度。

大阪の矯正歯科費用の相場

歯列矯正の治療は一般的に自由診療(自費診療)で行われます。

保険適用の診療では、一つ一つの治療行為に対して、細かく金額が決められていますが、自由診療の場合の治療費は、医院が独自に決めることができます。このため矯正歯科費用においても、地域によって金額の差が出ると考えられます。

大阪で矯正歯科の治療を中心に行っている医院の、おおよその費用相場を見てみましょう。

治療方法 費用総額
◎◎矯正歯科(吹田市) ワイヤー矯正 85万円
裏側矯正 160万円
マウスピース 90万円
子供の矯正 40万円
□□矯正歯科(豊中市) ワイヤー矯正 63万円
裏側矯正 113万円
マウスピース 103万円
子供の矯正 40万円
○○矯正歯科(大阪市) ワイヤー矯正 90万円
裏側矯正 125万円
マウスピース 95万円
子供の矯正 78万円
△△矯正歯科(豊中市) ワイヤー矯正 79万円
裏側矯正 132万円
マウスピース 87万円
子供の矯正 45万円
◇◇矯正歯科(大阪市) ワイヤー矯正 90万円
裏側矯正 120万円
マウスピース 130万円
子供の矯正 30万円

平均の歯科矯正費用

以上のデータから、大阪における矯正費用の平均金額を計算すると、次のようになります。

ワイヤー矯正 81万4,000円
裏側矯正 130万円
マウスピース 101万円
子供の矯正 46万6,000円

【矯正治療費の注意事項】

矯正歯科の治療費には、大きくわけて「固定制」と「変動制」の2種類があります。

「固定制」では治療の開始から、終了・保定処置に至るまでに必要な、全ての総額が提示されますが、「変動制」の場合は通院の度に、装置の調整料などが毎回追加されていきます。

矯正装置が外れた後の保定期間にも、リテーナーの代金と観察料がかかってくるため、「変動制」では治療にかかる総額が幾らになるか、患者に解りにくいという欠点があります。

ホームページなどに書かれている金額だけを比較すると、治療費の総額が提示されている「固定制」の方が、高いと思ってしまうことがあります。

しかし実際には、何回支払うことになるか解らない、追加費用が発生する「変動制」料金より、最初から総額を明示している「固定制」料金の方が、割安になることが多いです。

「固定制」料金では、通院回数が増えた場合でも、追加費用が発生すらしないことからも、安心でお得な料金システムだと言えるでしょう。

矯正治療に関するその他のQ&A

【免責事項】
本サイトは2013年3月の情報を元に作成しています。最新の情報や治療法については必ずクリニックへお問い合わせください。掲載している口コミ情報につきましては、タイミングによっては引用元サイトより削除・修正される場合もありますことをご了承ください。

【歯列矯正について】
本サイトで紹介している歯列矯正治療は保険適用外となるため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。歯列矯正における副作用・リスクは以下の通りです。不明な点・不安な点は、各クリニックに相談することをおすすめします。
歯列矯正の副作用・リスク:
虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎等を発症するリスクがあります。マウスピース矯正の場合、決められた装着時間を守らないと効果が得られない可能性もあります。

大阪の矯正歯科口コミ大百科