おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪矯正歯科グループ公式HPキャプチャ

大阪矯正歯科グループ

大阪市北区・中央区・浪速区、吹田市、豊中市、高槻市

  • 表側矯正:825,000円~
  • 裏側矯正:1,595,000円~
  • マウスピース矯正:990,000円~
  • 部分矯正:220,000円~

電話で問い合わせる

ますの歯科・矯正歯科公式HPキャプチャ

ますの歯科・矯正歯科

箕面市

  • 表側矯正:要問合せ
  • 裏側矯正:1,320,000円~
  • マウスピース矯正:要問合せ
  • 部分矯正:165,000円~

電話で問い合わせる

井上歯科クリニック公式HPキャプチャ

井上歯科クリニック

大阪市中央区

  • 表側矯正:要問合せ
  • 裏側矯正:要問合せ
  • マウスピース矯正:880,000円~
  • 部分矯正:要問合せ

電話で問い合わせる

あすなろ歯科・矯正歯科公式HPキャプチャ

あすなろ歯科・矯正歯科

高槻市

  • 表側矯正:770,000円~
  • 裏側矯正:1,100,000円~
  • マウスピース矯正:990,000円~
  • 部分矯正:220,000円~

電話で問い合わせる

※当サイトに掲載している大阪の歯科医院の中から、
・表側、裏側、マウスピース(インビザライン)、部分矯正の4種類に対応
・歯科用スキャナー「iTero」を導入した治療を実施
・総合歯科
の3つの条件に合致する4院をピックアップしています(2021年6月調査時点)
※各医院の料金について:表側・裏側・マウスピース矯正は上下顎、部分矯正は軽度の不正咬合を最低金額として掲載しています

年齢制限はありますか?

公開日: |最終更新日時:

このページでは、歯の矯正に適した年齢はあるのかを調べています。

歯の矯正に適した年齢はあるのか

歯の矯正は子供の頃に行うのが理想的ではありますが、年齢制限はありません。20代から50代以降でも、矯正治療を行っている人は大勢いるのです。

  • 子供が矯正治療を行うメリット…永久歯に生え変わる時期に行うことで、より良い治療が実現する。治療費を安く抑えられる。
  • 大人が矯正治療を行うメリット…自身の歯を長く生かすことに役立てられる。歯を削る治療を行う際にも、咬み合せの条件が良好なほど、長持ちする。

とは言え、年齢を経るに従い発生した口内の問題を伴いながらの矯正となりますので、さまざまな疑問や不安も生じやすいと思います。

虫歯や歯周病がある場合

まず一般の歯科で虫歯/歯周病の治療を行ってから、矯正をスタートすることになります。

その前に矯正専門歯科を受診し、矯正の大まかなプランを相談しましょう。なぜなら、矯正に抜歯が必要になることがあるからです。その歯が虫歯の場合、事前に治療を行っても、治療費が無駄になってしまいます。効率の良い矯正のために、まず自身の口内環境をよく知りましょう。

治療済みの歯が気になる場合

ほとんどの大人は、歯科での治療経験があると思います。詰め物があったり、神経を抜いた歯を矯正する場合、問題はないのか…、という点が気になるのではないでしょうか。

こちらも矯正治療をスタートする前に、矯正専門歯科で相談を行ってください。きちんと申告を行い、一人ひとりに合った矯正治療を行うことが、重要です。

差し歯がある場合

差し歯とは、歯の根に被せ物(セラミックや金/銀歯など)をしてある歯を指します。歯の根さえしっかりしていれば、矯正は問題なく行えます。

ただ治療の過程で、矯正装置が差し歯の一部に破損を加えることがあります。その場合は矯正治療の終了後に、新しい差し歯を作る必要が生じます。

金属アレルギーがある場合

金属アレルギーの出やすい金属として、ニッケルやクロム、コバルトなどが挙げられます。

しかし近年は生体との親和性が非常に高いチタンなどを使用した、ノンメタル治療も可能となっているので、矯正治療をスタートする前に、きちんと医師に相談しましょう。

いかがでしょうか。大人になってからの矯正治療は、医師とのコミニュケーションが重要です。懸念点をしっかり相談したうえで、より良い治療を行っていきましょう。

矯正治療に関するその他のQ&A

【免責事項】
本サイトは2013年3月の情報を元に作成しています。最新の情報や治療法については必ずクリニックへお問い合わせください。掲載している口コミ情報につきましては、タイミングによっては引用元サイトより削除・修正される場合もありますことをご了承ください。

【歯列矯正について】
本サイトで紹介している歯列矯正治療は保険適用外となるため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。歯列矯正における副作用・リスクは以下の通りです。不明な点・不安な点は、各クリニックに相談することをおすすめします。
歯列矯正の副作用・リスク:
虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎等を発症するリスクがあります。マウスピース矯正の場合、決められた装着時間を守らないと効果が得られない可能性もあります。

大阪の矯正歯科口コミ大百科