大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » 主な歯列矯正治療の種類 » 裏側(舌側)矯正

裏側(舌側)矯正

目立たない歯列矯正の1つ裏側強制法についてまとめています。

裏側(舌側)矯正の特徴

歯の裏側に装置を付けて、表から見えないようにする矯正治療法で「舌側矯正」「リンガルブラケット」とも呼ばれています。

治療法にはそれぞれ部位ごとに名称がつけられていて、

両顎の矯正を「フルリンガル」
上顎のみ、または下顎のみの矯正の場合「ハーフリンガル」
リンガル矯正と、通常の表側の矯正を併用することを「コンビネーション」

などと呼ぶこともあります。

歯を動かす仕組みは、表側に装置を付けるワイヤー矯正と同じです。しかし、装着やワイヤー調整に高い技術を求められるため、医師によって矯正の効果に違いがあります。

どうしても歯の表側に装置を付けたくない人、吹奏楽器などを演奏する人などには適している治療法で、短期間で歯列矯正の効果を上げるために、マウスピース矯正との併用を推奨している医院もあります。

費用の目安

医院によって治療や費用のシステムが異なるため様々ですが、大体の相場では次のようになります。

  • 【初診相談料】
    無料〜5,000円
  • 【検査・診断料】
    3万円〜10万円(一部無料の医院もあります)
  • 【矯正治療費】
    100万円〜150万円程度(成人・両顎)
  • 【調整料】
    1回3,000円〜1万円(1〜2ヵ月に1回)

裏側矯正(舌側矯正)では通常のワイヤー矯正と比較して期間が長く通院回数が多くなる傾向があるため、通院ごとに支払う調整料の総額も多くなります。

裏側(舌側)矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 装置を歯の裏側に付けるので矯正していることが解らない

デメリット

  • 舌に装置が当たるので違和感が強い
  • 技術力が必要なため治療できる医院が限定される
  • 治療費が高い(表側矯正の約1.5倍)
  • 発音がしにくくなる
  • 治療期間が長い
  • 歯の裏側が磨きにくく虫歯になりやすい

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科