大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » 主な歯列矯正治療の種類 » マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明な樹脂を使う、マウスピース矯正法についてまとめました。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正は、透明な樹脂でできたマウスピース(歯形)を歯に装着して行う矯正治療法です。

歯の動きに応じて、2週間に1度の割合で通院。新しいマウスピースと交換することで、徐々に目的の歯並びに近づけて行きます。

日本では「インビザライン」「クリアアライナー」の2種類の矯正システムがおもに使われています。

インビザラインは、1997年アメリカのアライン社によって開発された矯正システムで、アメリカやカナダでは、一般的な矯正方法として使われています。

クリアアライナーはインビザラインの矯正方法と同様の仕組みで、韓国で開発されました。透明で取り外しのきくインビザラインをさらに薄くて見えにくくしたもので、痛みの少ない治療を行えることも特長です。

費用の目安

マウスピース矯正では使用するシステムの違い対応も作製方法も変わってきます。おもな作製法については次の通りです。

毎回の型取りが必要なもの
手作業でマウスピースを作製するもの
3D造形システムを使って作製するもの

各医院によって対応はそれぞれ変わってきます。自分に1番合った方法をとっている医院を選ぶとよいでしょう。

費用の目安

システムの違いによって費用も違違ってきます。目安として次の金額を参考にすると良いでしょう。

  • 【初診相談料】
    無料〜5,000円
  • 無料〜5,000円
  • 【検査・診断料】
    3万円〜10万円(一部無料の医院もあります)
  • 【矯正治療費】
    30万円〜60万円程度(成人・両顎)
  • 【調整料】
    1回3,000円〜1万円(1ヵ月に2回程度)

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 透明なので目立たない
  • 矯正の期間が短い
  • 自分で取り外しできるので便利

デメリット

  • 比較的軽度の歯列矯正しかできない
  • 勝手に外してしまうと矯正に時間がかかる
  • マウスピースを手入れしないと不潔になりやすい
  • 2週間に1回のペースで通院する必要がある

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科