大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
TOP » 主な歯列矯正治療の種類 » 子供の矯正

子供の矯正

子供の矯正治療について特徴やメリット・デメリットなどをまとめました。

目次

子供の矯正治療の特徴

顎の骨の成長は、大人になると止まってしまうため、矯正歯科の治療でも成人では歯を移動させることしかできなくなります。

子供の時期から矯正を行うことによって、顎の骨の成長をコントロールしながら、理想的な歯列の矯正を行うことは可能です。

左右どちらかにずれている
受け口(下あごが前方に突き出している)
出っ歯(上顎前突)
開咬(咬合が悪く上下の前歯が噛み合わない)
埋伏歯(歯が正常に生えず顎の肉に埋もれている)

といった歯の並びをしていた場合、治療によって大きな治療効果が期待できます。

子供の顎の矯正治療は、骨の形成される6歳~14歳の間に行うともっともよいとされており、永久歯の生え変わりの終わる15歳前後までは、経過観察を必要とするため、治療期間は大人の矯正よりも長くなります。

矯正は子供のうちにやっておいたほうが良い理由

矯正するタイミングは人それぞれ異なりますが、子供のうちにやっておいた方が良い理由がたくさんあります。ここではその理由を5つ紹介するのでチェックしてみてくださいね。

骨が柔らかいため歯が動きやすい

子供の歯の骨は、大人の歯の骨よりも柔らかいのが特徴です。歯の根元には衝撃を受けても守ることができる「歯根膜」。その「歯根膜」の層が歯茎の中にある「歯槽骨」に埋まっていることによって歯は自立しています。歯に圧力がかかると「歯槽骨」は身体に吸収される仕組みになっています。

矯正はその仕組みを利用して、歯槽骨内で歯を移動させ、歯並びを綺麗に整えていくのです。その「歯槽骨」は歳を重ねるごとに固くなり動きにくくなってしまうのが特徴です。

そのため、歯が動きやすい子供の時期に矯正することがベストだと言えます。

顎が原因の歯並びの治療も直しやすい

歯並びの乱れの原因が、歯だけではなく顎にある場合もあります。機能面で不便になるのはもちろんですが、見た目にも問題が出てくることも。子供のうちは特に気にならない場合でも、大人になると気になり出し、治療しようと思ってもその頃には大きな手術でしか治療できないケースもあるのです。

矯正治療にプラスして、顎の骨を削ったり切ったりする場合もあります。顎がまだ成長段階である子供の頃は骨を矯正しやすく、矯正装置をつけずに治療できることも。顎が原因の歯並びの異常でも、子供のうちに治療するといいでしょう。

矯正装置への抵抗が少ない

大人になって歯の矯正治療を受ける方も多くいますが、生活上不便なことが多いのが現状です。また、仕事で人と会う機会の多い人はどうしても人目を気にしてしまうのではないでしょうか。「治療をしたくても矯正装置に抵抗がある」という理由で行わない人もいるのです。

最近は歯の表面に設置する装置の他にも、歯の裏側に装置する裏側矯正、下の歯は人から見えにくい表面矯正で、見えやすい上の歯は裏側矯正のハーフリンガル矯正なども出ていますが、治療費が高くなってしまいます。

比較的抵抗が少ない子供の頃に治療を済ませておいた方が良いでしょう。

治療費が安く済む

歯が動きやすい子供の頃に比べて、大人になると歯が動きづらくなるため矯正期間が長くなります。矯正治療は矯正器具ではなく、技術料がほとんど。その分治療費も多く支払うことになります。

大人になって虫歯・歯周病になる確率が低くなる

子供の頃に矯正によって歯並びを整えていると、大人になって歯に関する問題が軽減されます。歯並びは見た目の問題もありますが、歯が正しく並んでいないことによって細かい隙間まで歯の手入れが行き届かず、虫歯や歯周病になるリスクが高まるのです。

実際に大人になって虫歯や歯周病になる人は、歯並びが乱れているケースが多く見られます。子供のうちに矯正治療を受けることによって大人になってからのさまざまなリスクを軽減することができ、子供のうちに歯に対する意識を高めることもできるのです。

平均的な子供矯正の治療費

子供:30万円~60万円

大人:60万円~120万円

<費用の内訳>

  • 【初診・相談料】
    0円~5,000円

    一番最初に発生するのが初診料。虫歯治療で通っている場合はかからないこともありますが、歯科矯正のために初めてクリニックを訪れる場合は発生することが多いようです。特に初診時に特殊な検査を行なうクリニックなら、初診料だけで5,000円を超えるケースも。

  • 【精密検査】
    10,000円~50,000円
    初診費用の次に発生するのが、精密検査費用です。矯正を行なうにあたり口内の状態を検査する必要があり、診査の結果によって今後どのように矯正治療の進めるかの計画内容が決まります。費用は1~5万円程度は見積もっておきましょう。

  • 【診断料】
    10,000円~50,000円
    診査が終わると、いよいよ治療計画を立てていきます。矯正の方法、かかる期間、治療費などがわかる資料を参考にしながら治療方針を決定。ケースによっては治療方法がひとつでないことも。診断費用の目安は、診査費用と同じ1~5万円ほどです。

  • 【装置代・矯正基本料】
    25万円~50万円
    装置によって値段は異なりますが、ブランケットやマウスピースの費用

  • 【調整料】
    1,000円~5,000円
    つけた装置の調整を行う

  • 【矯正前に戻ることを防止する装置】
    50,000円
    マウスピースで治療前の状態に戻ることを防止

  • 【メンテナンス】
    2,000円~8,000円

矯正の治療時期の目安

子供の矯正は「一期治療」と「二期治療」の2つにわけられます。一期では主に顎の骨格矯正、二期では歯列矯正が中心。それぞれの特徴をご紹介します。

一期治療

一期治療の目安は、6歳から小学校4年生ぐらいまで。乳歯の時期もしくは混合歯列期(乳歯と永久歯の両方がある状態)を指します。主な目的は骨格や顎の不調和をきれいにすること。使用する矯正器具は取り外し可能である床矯正装置がメインです。

一期治療にかかる費用はおよそ10~40万円。きちんと一期治療から始めると、二期治療費を安価に設定してもらえるケースが多いようです。

混合歯列期とは

小学校へ入学してからは乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期になります。前歯はほとんど入れ替わり、第一大臼歯(6歳臼歯)が出てくる頃。この時期は歯が入れ替わると同時に歯並びが決まる非常に大切な時期です。そのため、歯の状態だけを見ると矯正治療を受けるタイミングに適しているといえるでしょう。

二期治療

小学校の高学年から中学生の間が、二期治療といわれる期間です。使用する矯正器具はブラケットがメイン。歯に張り付けて少しずつ歯を動かす、という大人が一般的に受けている矯正治療方法です。

開始できる年齢は個人差があるといわれていますが、基本的にはすべて永久歯に生え変わっていることが条件。混合歯列期に二期治療を行なうのは非常に稀のようです。かかる費用は30~60万円程度。大人が治療を受ける場合に比べて、比較的安価で済みます。

混合歯列期(9歳~11歳の小学校高学年)

犬歯や小臼歯が乳歯から永久歯へ生え変わる混合歯列期。小学校高学年頃の時期に起こります。低学年までは金属ブランケットを使用せずに治療できるケースもありますが、この頃になると本格矯正が必要になってきます。 この時期は、歯を前に動かして全体のバランスを整えたり、顎を広げて正しい位置に歯を移動させたりするのに適した時期です。もちろん、一人ひとりの原因や症状によって治療のタイミングは異なるので、歯科医師に相談してから治療を受けてくださいね。

永久歯列期(中学生以降)

乳歯から永久歯へすべて生え変わっている永久歯列期。中学生になるとほとんどの方がすべて永久歯へと入れ替わるのが特徴です。歯根がしっかりしており、乳歯に比べて動かしにくくなるので矯正にかかる時間も長くなってしまいます。 出っ歯や歯並びの乱れがあると、矯正前に抜歯を要するケースも。中学生は多感な時期で精神面が不安定になることもあります。矯正器具を装着することで負担になってしまう子供もいるので、話し合ってから治療を行うようにしてくださいね。

子供矯正の治療方法

子供の矯正治療は、以下で紹介する3つの方法がメイン。それぞれの特徴と費用を紹介します。

ムーシールド

ムーシルドは、子供の受け口(反対咬合)を治すマウスピースタイプの矯正治療装置。子供の受け口は、舌の位置や動きが原因で起こることがあります。ムーシールドを使うことで、舌の位置が正しい場所へ。

歯に余分な力が加わらなくなり、受け口が改善されていきます。顎の骨格が成長を終えた後ではなく子供の頃に行なうことで、より早く治療が終わるそうです。寝るときにも装着するこの治療方法は、比較的負担が少なめ。かかる費用は10万円程度です。

■プレート矯正

プレート状の器具を歯の内側につけて顎を広げ、上下の顎をバランス良く成長させます。「床矯正」とも呼ばれており、一期治療では主にこの方法を採用。

プレートの構成はプラスチックと針金で、これにスクリューやスプリングが組み込まれています。プレートを装着して歯列や顎に少しずつ負担をかけることで、ゆっくりと顎に変化を与えていく治療法。徐々に歯が動き、歯並びが改善されていきます。費用は30~60万円程度です。

マウスピース

顎の骨が柔らかい一期治療に使用するのがおすすめ。より大きな効果が期待できます。欧米においても子供の矯正治療の主流はマウスピースだそうです。ブラケットに比べると費用は安価。家にいる間に1時間、プラス就寝時に装着するだけなので、子供にとっては負担が少ない矯正方法といえるでしょう。

出っ歯や受け口、開咬症(前歯がかみ合わない歯並び)など、症状によって適したマウスピースがあります。費用は約10万円です。

矯正が必要な子供歯並び

ここでは、歯の矯正が必要な症状について紹介しています。もし子供に「受け口」「開咬」「出っ歯」の疑いがあるなら、歯医者に相談してみましょう。

受け口

上の歯よりも下の歯の方が前に出た状態を受け口を言い、反対咬合(はんたいこうごう)とも呼ばれています。?み合わせが上と下で逆になっていることによって、奥歯に歯垢が溜まり虫歯になりやすくなることも。また、サ行やタ行の言葉が言いづらいといった発音にも支障がでてしまうケースもあります。「しゃくれた顔」「への字口」「三日月顔」など顔つきも変わるため、気にしてしまう人も多いでしょう。

歯のかみ合わせが悪いと、歯に関する問題のみならず、身体のバランスが崩れてしまい腰痛や肩こりが生じてしまうことも考えられます。原因は顎のバランスが崩れる、舌で歯を押すクセ、遺伝などさまざまです。

開咬

?んだときに前歯や横側の歯に隙間ができ、正常にかみ合わせることができない状態を開咬といいます。かみ合わせがズレていることによって、常に上下の前歯に隙間があき、奥歯だけで物を?んでいる状態です。

それによって、奥歯に大きな負担がかかり、知覚過敏・詰め物が取れるなどの支障がでてしまうことも。また、話しをするときに息が漏れて話しづらくなったり、通常よりも咀嚼筋を多く使うことによって顎関節症になるリスクが高まったりと、健康面にも悪い影響を与えてしまうケースもあるのです。

出っ歯

前の歯が前に出ていたり、上顎自体が前にでていたりする状態を出っ歯あるいは顎前突(じょうがくぜんとつ)言います。食べ物が食べづらい、口の中が乾燥する、顎関節症になるリスクが高まるといった症状が見られる場合もあります。

また、口を閉じている状態でも一部の前歯がはみ出てしまい、見た目にも影響を及ぼすため、精神的にダメージを受けてしまうことも。

子供の出っ歯は、食べ物が思うように食べられないため、発達にも影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

子供のうちに矯正するメリット

大人になってからではなく、子供のうちに矯正しておいた方が良いメリットは数多くあります。その中の3つを紹介するので要チェックです。

虫歯や歯周病になりにくい

子供のうちに矯正しておくことによって、子供のうちはもちろん、大人になってからも虫歯や歯周病になりにくくなります。歯並びが乱れていると、どうしても歯磨きの磨き残しがのこってしまい、結果的に歯のトラブルにつながってしまうのです。

正常な歯並びの人でも磨き残しが出て虫歯になってしまうので、歯並びが乱れていると虫歯になる確率が高くなってしまいます。

スムーズな発音ができる

?み合わせが乱れていると、滑舌も乱れてしまいます。特にサ行やタ行が言いづらく、上手く発音できないことも。サ行は歯と歯をすり合わせて音を発するため、歯並びが悪いとどうしても影響がでてしまうのです。タ行は前歯の裏側に舌を付けて発音するため、出る音が不明瞭になってしまいます。

もし発音のしづらさを感じたら、歯並びが原因ではないか確認してみるといいでしょう。大人になってから発音が悪いと、相手が聞き取りづらく仕事や生活面で支障をきたすことも考えられます。大人になってから適切な発音ができるよう子供のうちに治療を行うのがベストです。

顎と肩の筋肉バランスが整う

歯並びが身体全体に影響を及ぼすのはなかなか考えにくいことですが、歯並びが乱れているだけで肩や背中の筋肉が緊張してコリがひどくなったり、顎が歪んでしまったりします。

噛み合わせが悪いと分かっていながら放置してしまうとゆがみがひどくなることがあるので、早めに治療した方がいいでしょう。

もし、子供の頭痛がひどい、肩こりがひどいといった場合は、?み合わせに問題があるかもしれません。歯医者でみてもらうと良いでしょう。

歯並びが悪くなる悪習慣とは

子供の歯並びは、生まれつき悪いことも考えられますが、日頃無意識に行なっている悪習慣が原因の場合も十分に考えられます。ここでは、歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼすクセや習慣について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

指しゃぶり

生後まもない赤ちゃんが指しゃぶりをする光景は、よく目にするもの。本来は3~4歳ぐらいに自然と吸わなくなるのが理想的ですが、なかなか脱することができない子供もいます。指しゃぶりが長く続くと前歯が前のほうへどんどん押し出され、出っ歯の原因に。

また、物を奥歯で噛んでも前歯が開いてしまう「開口」になります。

口呼吸

近年、7~8割の子どもは鼻で呼吸することができず、口呼吸をしているというデータがあがっているそうです。「噛み合わせの悪さが口呼吸につながっている」「口呼吸をするから噛み合わせが悪くなる」…この2つのどちらが正しいのかは解明されていないものの、口呼吸と歯並びは密接な関係にあるようです。

口呼吸するということは、常に口が開いている状態。口唇の筋肉が緊張しない状態が続けば、前歯は不安定な状態になります。そこで舌の圧力が勝ってしまうと、前歯は前方に移動しやすい状態になるそうです。

舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)

簡単にいうと、「舌を前に出すクセ」のことです。口を開けたときに上下の前歯のスキマに舌を挟んだり、舌で歯の裏側を押したりします。指しゃぶりや口呼吸を長期間続けると現れやすくなるそう。舌突出癖が続けば、出っ歯や受け口(下顎前突)の原因になります。

舌の先端が本来あるべき位置より前方かつ低い位置にあるため、発音が不明瞭になったり食事の際に音を立ててしまったりと、日常生活に支障をきたすこともあるそうです。

まとめ

子供はよく笑うもの。だからこそ、笑ったときに見える歯は整えておきたいものです。日頃から、歯並びを悪くする悪習慣が身に付いていないかよく確認しましょう。

また大人だけでなく子供の歯並び矯正を得意としているクリニックはたくさんあります。お子さんのためにも、一度クリニックに相談してみると良いですよ。

大阪の矯正歯科口コミ大百科