大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
TOP » 主な歯列矯正治療の種類 » セラミック矯正

セラミック矯正

歯列矯正の1つ、セラミック強制の特徴や費用の相場についてまとめています。

セラミック矯正の特徴

セラミック矯正は「クイック矯正」とも呼ばれるように、極めて短期間に治療できます。

施術法もとても簡単で、まず、歯の表面を少し削り、人工のセラミック製シェル(ラミネートベニヤ)を貼り付けます。最後に「差し歯」「被せもの」といわれる人工の歯(クラウン)を削った歯に被せて終了です。

歯列を動かしているわけではないので、厳密には矯正ではありません。しかし治療期間の短いことや、比較的簡単なため多くの歯科医院で用いられています。

しかし、健康な歯を削るため、治療後のさまざまなトラブル、セラミック製シェルを表面に接着するだけなので、剥がれやすいなどのデメリットもあります。

医院を選ぶさいには、費用の安さだけにとらわれず、治療技術に熟練した医師のいる医院を探すとよいでしょう。h4>

人口の歯(クラウン)にはオールセラミックのほかに以下の種類があります。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜて作られた樹脂素材のクラウンです。レジン(樹脂)にセラミックの微粒子が練り込まれていて、セラミックとレジンの2つの特性を持ち合わせています。他の素材のクラウンよりも柔軟性があり、噛み合わせで周囲の歯を痛めません。

レジンのデメリットといえる耐久性や強度をセラミックで補うので、レジンのみのクラウンよりも天然の歯のような自然な仕上がりが得られるメリットがあります。ただし、時間が経つと変色して見栄えが悪くなるというデメリットも。

メタルボンド

金属製のフレームの上からセラミックを焼き付けて作られたクラウンです。金属で補強されているので耐久性があり、奥歯やブリッジ素材としてよく使用されています。汚れや歯垢がつきにくいというメリットも。周囲の歯に調和するように色味を調整することも可能です。

ただし、金属アレルギーの方は使用できない可能性があります。経年劣化によって金属が溶け出すことがあるのも、デメリットといえるでしょう。

ジルコニアクラウン

人工関節や人口ダイヤモンドに使用されるジルコニアという硬いセラミックで作られたクラウンです。素材がすべてジルコニアでできているので、金属アレルギーの方でも使用できます。噛み合わせで強い力がかかる奥歯に向いており、歯垢や汚れが歯につきにくいというメリットも。

しかし、他のセラミックよりも高額な費用がかかります。また、ジルコニアは歯より硬い素材のため、咬み合う歯を傷つける可能性を持つのがデメリットです。

ゴールドクラウン

金合金や白金加金など化学的に安定した貴金属で作られたクラウンです。ゴールドは軟らかい金属なので、噛み合わせの歯を傷つけません。かぶせた歯との密着性が高く、接合面が虫歯になりにくいのもメリットです。汚れや雑菌が付着しにくく衛生的で、長期的に見ても歯の変色がほとんどないため、歯科修復材として高く評価されています。

ただし、ゴールドクラウンは自費診療のため費用が高くかかり、前歯のような目立つ部分では使用しにくいのがデメリットです。

費用の目安

医院によって治療や費用などのシステムの相場は次のようになります。

【初診相談料】
無料~5,000円

【検査・診断料】
3万円~10万円(一部無料の医院もあります)

【矯正治療費】
セラミッククラウン(1本)14万円
ラミネートベニヤ(1本)8万円

セラミック矯正のメリット・デメリット

メリット

通常の歯列矯正で数年かかる治療が2ヵ月程度で終わる

2ヵ月という短期間で矯正できるのがセラミック矯正のメリットです。矯正を行っている間は歯を無理矢理動かすので痛みがあり、不自由な生活が続きます。少しでも短い期間で矯正が終了できれば、矯正による不自由な期間が短く済み、普通の生活に早く戻れるでしょう。

歯を白くできる

セラミック矯正ではセラミックの人工歯をかぶせるので、タバコによって黄ばんだ歯や虫歯で神経を失って黒くなった歯を白くできます。セラミックの素材を変えると、歯の色を自分の歯に合わせることも可能です。

治療できる医院が多い

セラミック矯正を行っている歯科医院は、北は北海道から南は沖縄まで数多くあります。通いやすい医院を選べるのはセラミック矯正のメリットといえるでしょう。歯科医院を選ぶとき、数が多すぎて迷ってしまったらカウンセリングで歯についてしっかり相談でき、実際にセラミックをつけるシミュレーションを行っているところを探すのがおすすめです。

歯を動かしていないので後戻りが無い

他の矯正方法だと、歯が元の位置に戻ろうとする後戻りが起きます。しかし、セラミック矯正はもともとある歯にセラミックをつける治療法なので、後戻りの心配がありません。矯正後にマウスピースを装着する必要もないため、不自由さを感じることはないでしょう。

デメリット

歯を動かさないので歯列を整える効果が少ない

歯の向きやあごの形は変わらないので、歯列を整えようとセラミック矯正を行っても、歯並びがキレイにならない可能性があります。

歯髄をとってクラウンを被せると歯の寿命が短くなる

歯髄には神経だけでなく血管やリンパ管があり、歯に栄養を送る役割があります。歯髄をとると、血管やリンパ管を破壊することになり、歯に栄養が届かず寿命が短くなるのです。

セラミック製シェル(ラミネートベニヤ)が短期間で剥がれることがある

セラミック製シェルは付け爪のような薄い素材で作られていて、強い衝撃を受けると短時間ではがれる可能性があります。

虫歯や歯根を治療した場合、1度外して作り直しが必要

セラミックの下に虫歯菌が入り込んで虫歯になっている場合は、一度セラミックを外してから治療を行います。その時に歯を削ってしまうとセラミックが歯に合わなくなるので、作り直しが必要になるのです。

自然の歯や歯茎の状態の変化で、施術部分が目立ってしまう

セラミック矯正を行っていても、加齢や歯周病で歯茎が下がる場合があります。歯茎が下がると歯と歯茎の境目が見えるようになり、施術部分が一際目立ってしまうのです。

セラミック治療を行う前に注意すべきポイント

歯を削る必要性があるかチェック

セラミック矯正ではセラミックを歯にかぶせるため、たとえ健康な歯であっても削る必要があります。ほんのちょっと歯並びが気になるからといって、歯を削るリスクを取るべきではありません。矯正の必要性の有無や他の方法がないか自分でもしっかり調べてから、歯医者さんに相談するようにしましょう。

歯の根の向きやあごの形は変えられない

歯並びをキレイにしようとしてセラミック矯正を行っても歯の向き自体は変わりません。顎の形も変わらないため、セラミック矯正では歯並びが思った通りには整わない可能性があります。仕上がりに満足できず、別の歯医者さんで再治療しようか悩む方もいるようです。

ドクターの腕に差がある

技術のない歯医者さんにセラミック矯正をお願いすると、歯の細菌を完全に除去することなくクラウンをかぶせる可能性があります。かぶせた部分の歯茎が膿んでしまうので、矯正を中断しないといけなくなる場合も。回避するには、クリニックの口コミや評判を調べてみるといいでしょう。

セラミック矯正の流れと期間

セラミック矯正は早ければ2ヵ月程度で完了します。通院回数は4~5回です。ワイヤー矯正やマウスピース矯正よりも短期間で治療することができます。

次に、セラミック矯正の治療の流れを見ていきましょう。

1.カウンセリングを受けて治療計画を立てる

カウンセリングで悩みや要望を歯科医に伝えましょう。カウンセリングが終わると、噛み合わせや口腔内の状態を検査します。カウンセリングと検査の結果から適切な治療法と治療スケジュールを立ててくれるでしょう。

オールセラミックやメタルボンドなど、さまざまな特性を持ったセラミック素材の中から、患者に適した素材を選んでくれます。

2.仮歯の装着

歯の型を取り、セラミックをかぶせる前の土台づくりとして元の歯を削り、プラスチック樹脂でできた仮歯を装着します。仮歯はセラミックより強度が弱く、後で取り外せるよう接着も弱め。

仮歯をつけているときは、おせんべいやガムなど歯をよく使うものを食べるのは控えたほうがいいでしょう。歯磨きは、柔らかい歯ブラシを使って優しく磨きます。

3.セラミッククラウンの製作

できる限り天然の歯に近い色合いを目指してセラミッククラウンが作られます。セラミックの人工歯が完成するまでにかかる期間は、1週間から10日ほどです。

4.セラミッククラウンの装着

完成したセラミッククラウンを歯にセットし、色や形、噛み合わせなどが合っているか確認をします。問題がなければ本装着を行って治療完了です。

セラミック矯正はこんな人におすすめ

セラミック矯正は、矯正装置をつけずに審美面を重視して短期間で歯並びを治す方法です。そのため、審美面にこだわって時間をかけることなく矯正を行いたい方に最適な治療法といえます。

金属のワイヤーやマウスピースといった目立つ矯正装置に抵抗のある方や金属アレルギーの方、矯正時の痛みが気になる方、元の歯のような自然な色合いの歯を取り戻したい方にもセラミック矯正はおすすめです。

大阪の矯正歯科口コミ大百科