大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » はじめての矯正治療Q&A » 痛みはあるの?

痛みはあるの?

ここでは、歯列矯正をした際の痛みについて説明しています。

歯列矯正治療での痛み

歯列矯正の治療では、「痛い」という感想や口コミを見ることがありますが、この痛みの原因は何なのでしょうか。

通常のワイヤー矯正や裏側(舌側)矯正・マウスピース矯正では、虫歯治療のように歯を削ることはないので、神経が刺激されたことによる痛みではないはずです。

はじめて矯正装置を付けて治療を行う場合、違和感に驚く人は多いはずです。それは普通の生活では、歯に固形物を貼り付けたり、歯を引っ張ったりすることがないためです。

そのため、少しの違和感や痛みが強く意識されることで、より強い痛みとして認識されてしまいます。しかし、装置を付け続けることによって違和感は徐々に無くなり、痛みも同時に軽減される場合がほとんどです。

もし、治療を行って相当の期間が経過しても痛みが続くとしたら、矯正装置が歯に合っていないことが考えられます。担当の医師に相談して、装置の見直しをしてもらうなど、積極的な働きかけで、改善を目指す必要があるでしょう。

最近は矯正の装置や技術も発達しているため、治療初期の段階以外で痛みを感じることはほとんどありません。歯列矯正が痛いというのは、治療が適切でない場合か、ずっと昔に治療を受けた人の意見と考えて良いでしょう。

矯正装置以外の原因による痛み

矯正装置によって歯が引っ張られることで、治療初期に感じる痛み以外にも、矯正に伴う痛みが起こることがあります。

最も多いものは口内炎や歯肉炎で、矯正装置が頬の裏側や歯茎を圧迫することから、炎症を起こして痛みが発生します。装置が歯や口に合っていない場合にも、炎症を起こすことがあるので、このような場合は早めに担当医に相談すると良いでしょう。装置に問題がない場合は、1ヵ月から2ヵ月程度で炎症も改善されていきます。

矯正の治療中は、食べ物が挟まりやすく、歯磨きもしにくいことから、虫歯ができやすい状態になります。定期健診の際の検査で、虫歯がある場合は、矯正担当医が注意してくれます。虫歯を指摘されたら、矯正治療の妨げにならないよう、できるだけ早く治療を行うようにしてください。

矯正治療に関するその他のQ&A

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科