大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
         
岡本 義正
山本 治
TOP » はじめての矯正治療Q&A » 矯正治療後のケアの方法

矯正治療後のケアの方法

矯正治療後は、どのようなケアを取り入れていけば良いのかについてご紹介します。

ケアは非常に大切

矯正治療自体が完了したからといってすべてが終わりになるわけではありません。 その後のケアが悪ければまた歯が動いたり、口内の状態が悪化してしまうこともあるので具体的なケア方法についてご紹介します。

ポイントになってくるのは保定期間です。歯が動いてキレイな歯並びになったとしてもしばらくの間は定着していません。つまり、動きやすい状態にあるわけです。 骨が固まってしまえばそういったこともなくなるため、骨が固まるまでの間は保定期間として歯を固定するケアが必要になります。ここで使われるのがリテーナーと呼ばれる保定装置です。

ここでは固定装置の期間も終了し、すべての治療が終了した後のケアについて矯正方法別にご紹介しましょう。

ワイヤー矯正

矯正の基本的な治療後のケアといえば、後戻りをさせないための対策です。ワイヤー矯正で保定期間が終わったとしても歯が戻ってしまうリスクはゼロではありません。 ただ、ほんの少しずれてしまった程度であれば再度ワイヤーを装着しなくてもマウスピースを装着した矯正が可能な場合も多いです。

マウスピース矯正

そもそもマウスピース矯正は矯正後の後戻りを改善するためにも非常に効果的です。ワイヤーのように目立つこともないので、目立つのが嫌になってとってしまうリスクも少なくなります。

歯科医院で装着してもらって自分で取り外さないワイヤー矯正などとは違い、マウスピースで矯正を行っている方は普段から装着するのが日課になっているため、リテーナーもその一環として継続しやすいのが魅力です。

裏側(舌側)矯正

治療が完了した後も定期健診を行います。これは他の矯正方法でも同じことです。 裏側矯正の場合も後戻りが発生する可能性がありますが、この場合も通常のワイヤー矯正と同じように軽度のものであればマウスピース矯正で改善が可能となっています。

セラミック矯正

その他の矯正方法だと後戻りの可能性がありますが、セラミック矯正の場合はそういった心配はありません。というのも、見た目が良くなるように歯を削り、そこにセラミックをかぶせる治療法であるため、歯自体を動かすわけではないからです。

もちろん、後戻りを予防するためにマウスピースを装着する必要性もありません。 歯を削るデメリットはありますが後戻りの心配があってなかなか歯列矯正に踏み切れない…という方でも安心ですね。

子供の矯正

矯正が完了したとしても小さいうちは成長の影響もあり後戻りが発生しやすいです。そのため、医師に指導されたタイミングを守って定期検診に行きましょう。 小さいうちは3ヶ月に1度程度の定期検診をお願いされるケースが多いです。この間、歯が動くようなことがあれば再度保定装置を取り付けます。 保定期間が終わったからといって終わりではなく、一般的にはかみ合わせが安定するまで就寝時にはリターナーをつけるように言われるでしょう。

共通する治療後のケア

歯列矯正が終了した後も口内の状況を清潔に保てるように丁寧なブラッシングやケアを行いましょう。デンタルフロスや歯間ブラシなども活用し、できるだけ口内が清潔に維持できるように心がけたいですね。

また、定期検診を受けるのも非常に大切なことです。後戻りの可能性がある矯正を行った場合、後戻りが発生していることに早期に気づければ簡単な対策で済みます。 毎日丁寧なケアを行い、理想的な歯並び、口内環境を維持したいですね。

矯正治療に関するその他のQ&A

大阪の矯正歯科口コミ大百科