大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » はじめての矯正治療Q&A » 矯正中の歯磨きは大変?

矯正中の歯磨きは大変?

このページでは、歯列矯正中の歯磨き法についてリサーチしています。

歯列矯正中の歯磨き術をチェック

歯イメージ歯列の矯正中は、矯正装置が歯についているため、歯が磨きにくくなります。効果的な歯磨き術を学んでおかないと、虫歯や歯周病が進行して、矯正治療自体に影響を及ぼす場合もあるので、注意しましょう。

歯科には矯正用の多彩な専用歯ブラシが販売されていますので、利用することをおすすめします。

ステップ別にみる歯磨き法

以下の要領でしっかり歯磨きを行い、口内の衛生環境を良好に整えましょう。

STEP1

矯正装置が付いていなかった時と同様に、ワイヤーや装置の正面からブラシを当てて磨きます

STEP2

次に、ブラケットを中心と考え、その上下についた汚れをしっかり落とします。1本の歯につき、装置の上と下それぞれを、分けて歯磨きしていくという習慣をつけましょう。

歯ブラシは歯の表面に対し、上下それぞれ斜め45度の角度から当てるようイメージしながら、汚れをしっかり落としていきます。

STEP3

ワンタフトブラシという、小型の歯ブラシを購入/用意してください。ここからは、そちらを使って歯磨きします。 ワンタフトブラシは、歯ブラシ全体ではなく先端を使って磨くのが、活用のコツです。

まず各歯のワイヤーの真下部分を丁寧に1本ずつ磨いていきます。その後、装置と歯ぐきの間にもブラシを当て、きれいにしていきます。

STEP4

ワンタフトブラシを使用しながら、歯の裏側を1本ずつ丁寧に磨いていきます。

STEP5

最後に、矯正歯科専用のフロスで歯と歯の間をきれいにしていきます。ワイヤーが入っていても使用可能な特殊なフロスは、矯正歯科専門医院などで手に入りますので、上手に活用してください。

いかがでしょうか?確かに矯正前に比べ、歯磨きは大変になるかもしれません。しかし虫歯や歯周病が悪化して治療が必要になると、 せっかくの矯正治療が滞ります。丁寧な歯磨きを習慣づけて、口内の衛生環境を良好に整えましょう。

また矯正中は、歯にくっつきやすいガムやキャラメルなどを食べるのは、なるべく控えるようにしてくださいね!

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科