大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
         
岡本 義正
山本 治
TOP » はじめての矯正治療Q&A » 矯正歯科 後戻り

矯正歯科 後戻り

歯列矯正にはせっかく矯正をしてキレイな歯並びになったのに、だんだんと矯正前の歯列に戻ってしまう「後戻り」があると言われています。なぜ後戻りをしてしまうのか、戻ってしまったらどうすればいいのか、後戻り後にかかる費用や治療方法についてご紹介します。

「後戻り」とはどんな状態のこと?

後戻りとは、矯正前の歯列に戻ってしまうことを指します。まずは、なぜ後戻りをしてしまうのかを考えなければなりません。そもそも、矯正というのは歯に力を加え、ゆっくりと時間をかけて歯を移動させていく原理です。一般的に矯正装置を付けた場合、歯は1ヶ月に0.3mm動くと言われています。つまり、歯を強制しようと思ったら、最低でも1年間は矯正装置を付けたままにしておかなければならないということです。また、矯正を終え、装置を外した直後は、歯を支える歯槽骨がまだ固定されていない状態なので、後戻りを起こしやすくなります。これを防ぐのが、「保定」です。

保定とは?

保定は、矯正後に必ず行わなければならないものです。保定の種類は、取り外し式の装置や歯に針金を取り付ける方法など様々です。保定期間は1~2年程度のものから一生つけるものまであり、この保定を怠ると、歯は元に戻り、せっかくお金をかけてした歯列矯正が「意味がないもの」になってしまうのです。

歯は動く

矯正には、ブラケット矯正・マウスピース矯正・部分的な歯列の乱れを整える部分矯正・インプラント矯正などが一般的ですが、どの治療法を選んでも必ず後戻りが生じます。例えば、抜けてしまった部分があれば、そこを埋めようと、隣の歯が倒れ込んできますし、舌の使い方が悪いと、歯並びにも強く影響してしまいます。ですから、「矯正をしたから一生綺麗な歯並び!」というわけではないのです。むしろ、矯正後からスタートすると言っても過言ではありません。

後戻りしたらどうすればいい?

後戻りをしてしまったら、再治療を考えるしかありません。戻ってしまった歯は、矯正装置でないと綺麗に元に戻ることはできません。後戻りによる追加費用がかかってしまうのは覚悟しておきましょう。しかし、病院によっては後戻りの事を考えて、事前にセット料金の中に歯列矯正代と後戻りによる追加矯正治療費が組み込まれていることもあります。これは、病院によって違うので、事前に確認しておくようにしましょう。治療を始める前から後戻りの事を考える方は少ないと思いますが、「矯正後は後戻りする」という知識があるだけでも、今後の生活の仕方が変わると思います。

後戻りした時に追加でかかる費用と全体の費用

後戻りによる再治療の料金は病院や状態によってさまざまなので、一概に「〇〇円!」という事はできないのですが、例えば保定を怠り、後戻りした場合は自己責任になるので、最初の治療と同等金額になると考えて良いでしょう。  しかし、中には、保定をやめて良いという指示があったのに、そのせいで歯が元に戻ってしまうこともあります。この場合、病院側に責任があるため再治療の金額がかからない場合もあります。

一般的に、上下ともワイヤー矯正を行った場合、おおよそ80万~150万円(矯正基本料、相談料、審査・診察料、ワイヤー調整料など)くらいかかります。つまり、自己責任による後戻りの場合は、再びこれぐらいの料金がかかってしまうというわけです。80万円で済む歯列矯正が、自己責任で後戻りしてしまい、再び矯正しようと思ったら倍の160万円かかってしまうのです。

矯正治療に関するその他のQ&A

大阪の矯正歯科口コミ大百科