大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
         
岡本 義正
山本 治
大阪の矯正歯科口コミ大百科 TOP » 【目的別】大阪で受けられる歯科矯正 » 痛くない矯正とは?大阪で矯正するか悩んでいるあなたへ

痛くない矯正とは?大阪で矯正するか悩んでいるあなたへ

痛いといわれている歯の矯正治療。綺麗な歯並びにしたいけど、痛みが怖くて治療に踏み切れないという人も多いのでは?このページでは、矯正治療中の痛みの原因や痛い期間、痛くないといわれている歯科矯正方法や痛みを取る治療について紹介しています。歯科矯正を考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

矯正治療中の痛みの原因と期間

歯科矯正中の痛みは、はっきりとした答えは出ていないようです。ですが、痛みの原因といわれている2つの症状があります。1つは、歯にワイヤーやブラケット、マウスピースなどの矯正器具を装着すると歯の進行方向側の歯槽骨が破壊され、再生するときに起きる炎症。もう1つは歯が移動する際に歯髄とよばれる神経が圧迫されて血行が悪くなることの2つです。

痛みが強いのは装置の調整から数日間だけ

矯正器具の種類によっても痛みの感じ方は違ってきます。マウスピース矯正だと、締めつけられているような痛みを感じ、4~5日ほどで徐々に慣れて痛みが治まってきます。マウスピースを外し、食事をするときに少し痛むことがあるようです。

ワイヤーやブラケットを使っての矯正の場合、「歯が動くことが原因で起きる痛み」なので、矯正器具をつけ始めてから2~3日間は強い力で痛みます。痛みのピーク時には、食べ物を噛むだけでも痛みを感じることも。歯ブラシや電動歯ブラシで歯と歯茎の境目や歯茎をマッサージし、血行を良くすることで痛みを緩和する効果があるので、痛みに耐えられないときは試してみてください。その後は徐々に痛みが治まり2週間ほどたつ頃には違和感がなくなってきます。

痛くない歯科矯正とは?

痛くない歯科矯正「デーモンシステム」と矯正の痛みを取る「レーザー治療」や「高周波治療」について紹介します。

痛みが少ない治療方法「デーモンシステム」

アメリカの矯正歯科医デュイット・デーモン博士が1996年に発案し販売されたのが「デーモンシステム」です。従来の矯正装置に比べ、治療期間が短く、しかも痛みが少ない「デーモンシステム」のメリットや費用、治療期間や痛みがあった場合の治療方法についてまとめました。

デーモンシステムのメリット

デーモンシステムで歯科矯正する場合のメリットを大きく分けて2つご紹介します。

短い期間で矯正治療を完了でき、通院回数も減らすことができる

歯科矯正は、ワイヤーが元の形に戻ろうとする形状記憶の力を利用して歯の移動を促しています。従来の矯正器具は、ブラケットとワイヤーを強く締めつけているため、摩擦の力でワイヤーが元の形に戻れませんでした。

しかし、デーモンシステムなら、摩擦の力が600分の1に軽減されているため、ワイヤーの摩擦に邪魔されず元の形に戻ることが可能です。弱い力で継続的に矯正し続けることで、歯が早く移動します。それにより、従来のよりも20~30%ほど治療期間が短縮できるようになりました。早い人では、半分の時間で治療が完了したというデータもあります。長い期間、矯正器具の力を維持することができるので、通院回数を減らすことも可能です。

治療中に痛みが少なく、歯やあご関節の負担が少ない

強い力で無理に歯を移動させるのではなく、弱い力で歯を矯正し続けるため、従来の矯正器具に比べ痛みが少なくて済みます。

また、後戻りもしづらく、歯の周辺組織や筋肉、あご関節への負担が少ないのもメリット。歯並びだけではなく、歯の周辺が徐々に健康になっていくのが嬉しいですね。歯科医院で治療を受ける際にも口を開ける時間が短いため、負担が軽減されています。

デーモンシステムの費用

症例や医院によって差はありますが、片あごで50万円くらいからで両あごだと75万円~が相場です。ですので、治療するのであれば、だいたい80万から100万円ほど準備する必要があります。従来の矯正治療よりデーモンシステムは少しばかり治療費が高額になりますが、通院回数が少ないので総合的に考えるとそこまで高くない費用といえるでしょう。

デーモンシステムの治療期間

デーモンシステムの矯正治療期間は早い人で1年ほど。従来のワイヤーで締め付けゴムで固定する矯正治療より最大で50%も治療期間を短縮できるといわれています。

痛みを取る治療「レーザー治療」や「高周波治療」

レーザー治療

矯正治療中の痛みを軽減させる方法として、レーザー治療があります。この治療は、痛みが出ている歯肉組織にレーザーを照射し温めて活性化させるものです。組織に浸透しやすいレーザーを使い照射するので、痛みを発生させる物質を抑えることが可能。

また、レーザーには血行改善や炎症を抑える働きがあります。患部の歯周病菌も殺菌するので、鎮痛効果や歯周病予防の効果も。痛みをほとんど感じず照射でき、歯も動きやすくなるそうです。

高周波治療

高い周波数の電波や音波を歯周ポケット内部や歯肉にあてる治療です。高周波をあてることで、細胞が振動し熱が発生します。それにより、細胞が活性化し自然治癒力を上げることが可能。10分~15分ほど電波や音波を痛みのある部分に流すと熱による殺菌効果が表れ、疼痛やハレ、出血を抑えることができます。

レーザー治療と同じく、痛みを緩和することができ歯肉内の血行改善にも効果あり。歯の移動スピードを速めることもできるので、早く矯正治療を終わらせたい人にもおすすめです。

大阪の矯正歯科口コミ大百科