大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
         
岡本 義正
山本 治

見えない矯正とは

歯科矯正と言えば、歯に装置を付けて長い時間をかけて行うものです。話すときや笑ったときに装置が見えるので、笑いの街「大阪」といっても恥ずかしいと感じる方や仕事内容によっては見える矯正を避けたい方もいるでしょう。

このページでは、周りにばれずに歯並びを整えられる「見えない矯正」を紹介します。大阪で歯科矯正を考えている方は、要チェックです。

周りに治療がばれない!見えない矯正

見えない矯正とは、ワイヤーの矯正装置を見える位置に付けるのではなく、目立たないタイプの装置を用いて行う矯正治療のことです。

矯正装置には、「裏側(舌側)矯正」と「マウスピース矯正」があります。裏側矯正は歯の裏側に装置をつける方法。マウスピース矯正は、自身の歯型に合わせたプラスチック製の透明のマウスピースを用いた方法です。それぞれの特徴や違いを確認し、自分に合った治療法を選択しましょう。

裏側(舌側)矯正

裏側矯正とは

文字通り、歯の裏側(舌側)に矯正装置をつける方法です。表側に付けるワイヤーを裏側につけることで装置が目立たず、普段の会話では周りに気づかれにくいのが特徴。そのため、「見えない矯正」と言われています。

表側矯正との違い

裏側矯正には、高い技術力が必要です。歯の表側は平らで広い面が多く装置を取り付けやすいのですが、裏側は舌で触ってみると分かるように表面が凸凹しているため取り付けの難易度が高くなります。さらに裏側は直接目視できない場所なので、歯科医師に高い技術力が求められるのです。裏側矯正を検討する方は、症例数が多く実績がある歯科医院かチェックしましょう。

治療手順にも違いがあります。見えない部分が多いので、事前に歯型をとってオーダーメイドの模型をもとに矯正装置の配置を決めます。そのため精密な模型ができれば、矯正の成功度もアップすると言えるでしょう。「歯科医師の技術+模型を作る技工士の技術」が、裏側矯正には重要なポイントなのです。

メリット

矯正装置が目立たない

裏側矯正の一番のメリットと言えるでしょう。恥ずかしさで悩まず、仕事柄矯正が難しい方でも支障が出ないので、周りに気づかれずに治療が可能です。

前歯の矯正に向いている

表側矯正でも前歯は引っ込むのですが、ワイヤーを固定している奥歯が一緒に動くケースも。裏側矯正は奥歯が動きにくいので、前歯が引っ込みやすくなります。

舌を前に出すクセを防ぎ、矯正後もとに戻りにくくなる

前歯が出ている方の多くは、舌で前歯を押すクセがあります。裏側矯正の場合、矯正装置がストッパーの役割を果たし舌で押すクセを防いでくれるのです。矯正後にまた前歯が出てしまう後戻りのリスクが軽減されます。

デメリット

違和感が気になる

矯正装置が舌に触れやすくなるので、表側矯正よりも違和感が気になる方はいるでしょう。下で前歯を押すクセがある方は、舌に跡がつくことも。1~2週間で装置に慣れて気にならなくなります。

発音がしにくい

矯正装置が邪魔になって、舌を使う「さ行・た行・ら行」の発音が言いにくくなります。慣れるまで1~2ヵ月はかかるでしょう。

歯磨きがしづらく虫歯になりやすい

矯正装置をつけると装置の間に食べカスが溜まり、そこから虫歯になりやすいので普段以上に丁寧な歯磨きが必要です。

いかがでしたか?特徴やメリットデメリットをふまえ、裏側矯正を行うか検討しましょう。

裏側矯正をするなら費用はどれくらいかかる?>>

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

プラスチック製の透明に近い矯正装置を使用する矯正方法です。1人ひとりの歯型に合わせてマウスピースを作製し、装着することで矯正を行います。いきなり理想の歯並びのマウスピースを作るのではなく、段階的に交換していくシステム。ワイヤーを使わないので目立ちにくく、見えない矯正が可能。「インビザライン」「クリアライナー」の2種類のマウスピース矯正が主流です。

表側矯正との違い

歯の表面に器具を取り付けワイヤーで歯を動かす表側矯正と違い、透明なマウスピースを使用するので人の目を気にせずに歯科矯正を行えます。少しだけ歯を動かす・抜歯せず歯並びを整えるなど、比較的軽い症状であればマウスピース矯正が有効です。定期的に歯科医院へ通院し、マウスピースを調整して歯並びを整えていきます。自分で取り外しができるので、矯正する前と変わらず食事を楽しめますよ。

メリット

取り外しができ歯磨きがしやすい

歯に装置を固定していないので、自分でマウスピースの取り外しができます。食事中に外せば、装置の間に詰まりやすい食べカスを気にする必要はありません。歯磨きもしやすいので、表側矯正と比べて食後の歯磨きに時間をかけずにすみます。

矯正に伴う痛みが少ない

歯に金属の装置をつけないため、口の中の粘膜や舌を傷つけることはありません。金具が取れてしまうといったリスクもないので、安全に矯正を行えると言えますね。

幅広いタイプの方が利用できる

金属アレルギーの方、ぶつかるような激しい運動をしている方、バイオリンといった楽器に顔をあてて演奏する方など、矯正をしたくても表側矯正ができない方に向いています。

デメリット

装着する時間は1日20時間以上

取り外しができるマウスピースですが、1日20時間以上つける必要があります。装着し忘れたり装着時間が短いと、矯正期間が延びてしまう可能性があるので気をつけましょう。

マウスピースを変えるためのメンテナンスが手間

矯正の変化に合わせてマウスピースを2週間に1回を目安に新しいものに交換するため、定期的に歯科医院へ通院する必要があります。

マウスピースの自己管理が必要

歯ブラシと歯磨き粉で洗浄できますが、自身の歯とマウスピースをケアするので手間と感じるかもしれません。メンテナンスを怠ると、食べかすが付いままで不衛生な状態になり虫歯になるリスクが高まります。口に入れるものなので、衛生管理は大切です。

ひとえに「見えない矯正」といっても、矯正方法や手間が異なります。もちろん費用も異なるので、自分に合った治療法を選んでくださいね。

マウスピース矯正をするなら費用はどれくらいかかる?>>

大阪の矯正歯科口コミ大百科