大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
TOP » マウスピース矯正 » インビザライン

インビザライン

インビザラインとは

金属のワイヤーを使わず、着脱可能な透明のマウスピースを使って歯並びを矯正する施術のことを「インビザライン」と言います。

透明なマウスピースを用いるため、外側からは矯正していることがほとんどわからないのが特徴です。金属ワイヤー強制だと「口元を見られたくない」「ものを食べるときに口が気になって美味しく食べられない」といった悩みが起こりがち。インビザラインは従来の矯正にあったそれらのデメリットを解消してくれる矯正方法なのです。

インビザラインはもともと1997年のアメリカで生まれた矯正歯科治療法。周囲の目を気にせず歯並びが治せるインビザラインは発表と同時に爆発的な広がりを見せました。

現在まで世界で470万人以上の症例が報告されており、日本でも年々人気の高まっている治療法です。

インビザラインの特徴とメリット

目立たない矯正治療で人気のマウスピース矯正の中でも、世界でもっとも普及しているのがインビザライン。

他人に気づかれずに歯並びを治すことができる、というのが他の矯正方法との大きな違いであり、インビザラインの一番のメリット。社会人の方や大人の女性に人気の治療法です。

治療の方法

歯に固定させる金属のワイヤーやブラケットを使わず、透明度が高くて薄いプラスチックでできているマウスピース型の装置で歯を動かす矯正法です。

また、従来の矯正治療ではブラケットやワイヤーに金属を使うため、金属アレルギーの方は治療ができないことがありましたが、プラスチックのマウスピースのみを使うために、金属アレルギーの方でも治療ができます。

メリット

その他にも従来の矯正で、今まで治療に躊躇していた人にとって、矯正治療の一歩を踏み出すメリットを紹介してみたいと思います。

食べたいものが食べられる

食事や歯磨きの時は取り外しすることができます。 従来の矯正治療で使われるブラケットという装置は歯の表面に接着剤で固定してしまいますが、マウスピースは、自分で取り外しが可能です。

食べ物がワイヤーの回りに残ったりひっかかったりせずに済みますし、歯磨きや食事が治療前と同じようにできて、口腔内を健康に保つことができます。

従来の矯正治療で使われるブラケットという装置は歯の表面に接着剤で固定してしまいますが、マウスピースは、自分で取り外しできます。

食べ物がワイヤーの回りに残ったりひっかかったりせずに済みますし、歯磨きや食事が治療前と同じようにできて、口腔内を健康に保つことができます。

痛みが少ない

従来の金属ワイヤー矯正では、多少の痛みは伴うものだというのが一般的でしたが、かぶせるだけのマウスピース矯正では痛くないのがメリットとしてあげられているほどです。

比較的安い

高額なイメージがある歯列矯正ですが、マウスピース矯正は従来の金属ワイヤー矯正と値段が変わらないどころか、むしろ少し安い価格(治療内容によります)で行うこともできます。

た歯医者さんによっては、クレジットカードはもちろん、銀行と提携してローンを組めるところもあるようです。最近は、初回無料相談などを利用してみてはいかがでしょうか。

このほかにも、一人一人の歯の状態により、お悩みはまちまちだと思いますが、従来の矯正と比べ、マウスピース矯正のインビザラインには複数の種類があり歯列矯正の選択肢も多くなっているようです。

口内トラブルを低減

ワイヤーの場合、間に食べかすが挟まってしまいそれが原因で虫歯になってしまうということや、ワイヤーが口を切ってしまうということが度々あります。しかしインビザラインであればそういったトラブルになるリスクを大幅に抑えることができます。

洗浄ができるため衛星面も安全

取り外しができるので、歯磨きが行き届かないことによる虫歯の発症を防ぐだけでなく、 マウスピースそのものも毎日、洗浄できます。そのため常に清潔に保つことができます。

透明なのでまわりから見えない

透明であるため装着していても外側からは見えないことがインビザラインの大きな特徴。この特徴から、ワイヤー矯正のように目立ってしまう治療を嫌う接客業の方に人気があります。

インビザラインに用いる透明のマウスピースはプラスティックやポリウレタンなどの素材で作られます。金属が使用されていないため、金属アレルギーの方にもおすすめできる矯正治療法です。

自分で取り外し可能なので快適

インビザラインは患者が自分自身で取り外しできるのも大きな特徴。通常のワイヤー矯正だと、食事のときに感触が気になったり食べ物が引っ掛かったりしました。インビザラインは食事時には取り外しておけるため、心置きなく食事が楽しめます。また、歯磨きのときにも取り外せるため歯とマウスピースを清潔な状態に保てるのも嬉しいポイント。普段通りの歯磨きができ、デンタルフロスによる歯間ブラシも可能です。取り外したマウスピースはそのまま洗えるため衛生的。取り外しができるインビザラインなら快適な生活を送りながら歯並び矯正ができます。

インビザラインの治療期間

インビザラインでの歯並び矯正にかかる期間は、動かす歯の本数や距離などによって大きく変わってきます。簡単な矯正であれば数ヵ月で完了するケースもありますが、平均的にかかる治療期間は2年~2年半ほど。通常のワイヤーなどによる矯正治療とかかる期間ではあまり変わりません。

取り外し可能な矯正器具であるインビザラインでも、通常の矯正方法と同じ期間で治療が終わるというのは驚きですね。

治療に2年間かかる場合は、1年半かけて歯列を大まかに治し、半年かけて微妙な位置を調整してく流れになります。

インビザラインができないケース

歯並びに悩む全ての人がインビザラインを受けられるわけではありません。ここではインビザラインが受けられないケースを紹介します。

  • 永久歯が生えそろっていない
    インビザラインは治療の間に歯がどこからどこまで移動するか、となりの歯との接触の具合はどうかなど、細かな予測を立てたうえで治療を実施します。永久歯が生えそろっていない子どもだと、将来的な歯並びの予測が立てにくいためインビザラインが受けられないのです。
  • 重い歯周病の人
    重い歯周病を患っている人はインビザラインを含む矯正治療全般を受けることができません。無理に矯正治療を行うと歯が抜けてしまう可能性もあるのでご注意ください。
  • 歯並びが極度に悪い人
    歯並びの変化に合わせてこまめにマウスピースを交換するインビザライン。歯並びが極端に悪い人を治療するとなると必要になるマウスピースの数が多くなり過ぎてしまいます。治療期間が長引き費用面での負担も大きくなるため、医師からインビザラインを諦めるよう勧められることもあるようです。

ほかにも下記に当てはまるひとはインビザラインが受けられない場合があります。

  • 噛む力が強すぎる人
  • 歯の数が少ない人
  • 顎関節症の人

インビザラインが受けられるかどうか気になる方は専門医の診断を受けてみましょう。

インビザラインの口コミ

長年のコンプレックスをインビザラインで克服

昔から歯並びの悪さに悩まされていました。金属ワイヤーでの矯正を勧められたこともあったのですが、見た目が良くないのが気になって治療しないままに。その後、インビザラインというマウスピースでの矯正方法をやってくれる歯科に出会い、矯正を決意しました。私にインビザラインをしてくれた先生はとても親切で経験豊富な感じ。安心して治療を受けられました。

働きながらでも治療できるのがうれしい

マウスピースによるインビザライン矯正は通院回数が少なくて済むと聞いて受けてみることに。働きながら矯正したいと考えていた私にはピッタリの治療法です。治療を担当してくれた先生はたくさんの症例を手掛けている人らしく、完治までにかかる期間を正確に言い当ててくれて驚きました。思ってたより費用も安くて良かったです。

インビザラインで矯正治療のイメージが変わりました

「矯正は痛い」というイメージがあったのですが、インビザラインを受けてみてそれが変わりました。治療を始めるまでずいぶん悩んだのですが、終わってみれば「やって良かった」と心から思えます。歯並びがキレイになったことで自分に自信がつきました。思ったより治療期間もかからなかったこともあり、満足しています。

50年ぶりの矯正がインビザラインでした

生まれつき歯並びが悪く、子どもの頃にワイヤーによる矯正を受けました。それから50年ほど経って、また歯並びが悪くなりだしたことに自分でもビックリ。歯が1本だけおかしな方向を向き出したのです。しばらくすると歯列全体がおかしくなっているのに気付きました。矯正歯科に行くとインビザラインという治療を勧められわずか1年ほどで完治。ワイヤーとインビザラインの両方を受けてみて、私は圧倒的にインビザラインをおすすめします。

インビザラインの

大阪の矯正歯科口コミ大百科