大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
TOP » マウスピース矯正 » アソアライナー

アソアライナー

ここでは、アソアライナーのメリット・デメリットや特徴を掲載しています。

アソアライナーの特徴

人気のマウスピース矯正のなかで、国内で最も普及しているのがアソアライナーです。アソアライナーは日本製のマウスピース矯正装置で、国内に技工所があるので歯型を取った後、最短で10日程度で、マウスピース治療を開始できます。

アメリカで装置を作成するため、完成して治療を開始するまで2ヶ月弱かかるインビザラインに比べて早く治療を始められます。

10日間毎に、ソフト、ミディアム、ハードとマウスピースの固さを強めていき、30日毎に歯型を取って、新たなマウスピースを制作。そして同じサイクルで矯正していきます。

1ヶ月ごとに歯型などのデータを随時取り直し、新しいマウスピースを作りながら治療を進めていきますので1ヶ月先のマウスピースを常に作るという治療になります。

通院は1か月に2回、歯列のチェックと歯の動きに合わせてアソアライナーを交換します。

メリットとデメリット

メリット

  • 装着しても目立たない
    アソアライナーは従来の矯正装置とは違い透明なマウスピース型のため、周りに気づかれにくいのが魅力。また、ブラケットの装着が不要なので、矯正後の後戻り治療にも最適です。
  • 取り外しが可能
    ワイヤー矯正では口の中を手入れするのが困難でしたが、アソアライナーは歯磨きをする際の取り外しができるため、清潔に保つことができます。また、万が一虫歯になったとしても治療することが可能です。
  • 違和感がない
    従来の金属ワイヤーとブラケットによる装置に比べて異物感が少なく、話しづらい・口内炎がよくできるなどの不快な症状がありません。

デメリット

  • 適応できる症状が限定される
    アソアライナーは、歯並びや噛み合わせの状態が良くない人や後戻り治療、スペースの閉鎖などが対象になります。しかし、抜歯が必要な場合や顎の不調和、複雑な歯のコントロールなど治療は困難です。
  • 一日あたり17時間以上の装着しなければならない
    装置の取り外しが自由にできるのはメリットですが、責任を持って決められた時間(1日あたり17時間以上)は装置を着けなければ矯正できません。

アソアライナーの治療の流れ

  1. 診断・分析(歯科医院)
    患者さんの希望を聞き、マウスピース矯正について詳しく説明。また、すでに虫歯がある場合はこの段階で治療を行ないます。
  2. 検査
    アソアライナー矯正ができるか否を判断するために、模型によるシミュレーションを行ないます。矯正終了後の移動方向、距離を画像で確認。これにより、矯正開始後のトラブルを未然に防ぐことができます。
  3. 検査結果の説明
    検査結果をもとに治療計画を立て、期間・費用・治療内容・リスクなどを説明します。不安なことや疑問点があれば相談しましょう。
  4. 歯型の採取、マウスピースの作成
    患者さんが治療を希望した場合、上下の歯型を採取し模型を作成。その後、専用のコンピュータソフトを使用して、希望する歯並びになるように少しだけ歯を移動させたマウスピースを制作します。
  5. 矯正治療スタート
    アソアライナーは装着したまま噛むことで、歯型と同じように歯が動きます。原則的に食事と歯磨き中は外しても問題ありませんが、それ以外は常に装着していなければなりません。どうしても長時間着けるのが厳しいという場合は、医師に相談しましょう。
    治療期間中は約2週間に1度のペースで来院し、新しいアソアライナーと交換します。
  6. メンテナンス
    治療終了後から噛み合わせが安定するまで、歯が動かないように装置を使用。定期的に虫歯や歯周病の予防を行ないます。

アソアライナーの使用方法

アソアライナーには、ソフト・ミディアム・ハードタイプがあり、いずれも1日あたり17時間以上は装着しなければなりません。ソフトタイプを最低でも10日間装着し、その後はミディアムタイプを10日間。最後にハードタイプを10日以上着けます。基本的に食事と歯磨きをしている時間は取り外してOKですが、外し方があるので治療前に確認しておきましょう。

治療期間中は作製のために月に1度、歯型を取る必要があります。 ただし、留学や長期の出張などで来院できない場合は、最大で3ヶ月分をまとめて製作することも可能です。

アソアライナーは、従来のワイヤー治療と同様にズキズキと痛みを伴う場合があります。痛みがヒドい場合は、使用を中止して医師に相談しましょう。

アソアライナーは装着間のみ矯正力がかかります。そのため、継続して行わなければなりません。1日17時間きちんと装着しなければ歯が目的の位置まで移動しないため、治療期間が延長したり、満足のいく結果を得られなかったりします。

医師の説明をきちんと聞き、決められた時間はしっかりと装着しましょう。また、装着中は適時に噛み込み運動を行なうことでより確実な効果を得られるようになるので、ぜひ試してみてください。

どっちがおすすめ?アソアライナーとインビザライン

同じくマウスピースで治療をおこなうインビザラインとアソアライナーでは、どのような違いがあるのでしょうか。治療にかかる費用や期間、治療の方法などを比べてみましょう。

通院の頻度

インビザラインの場合、最初に型を一度取るだけで済みますが、アソアライナーの場合、1ヶ月先のマウスピースを常に作るという治療になりますから、通院頻度は増えてしまいます。

また、インビザラインであれば、歯の健康チェックを行うだけなので2~3カ月に一度の通院で大丈夫です。

ただしアソアライナーの場合2週間~1ヶ月に一度、歯の可動状況や、それにあわせた型取りとマウスピース受け取りのための通院が必要になってしまいます。

治療中の見た目

インビザラインもアソアライナーも、見た目は透明で、厚さも差異はないようですが形状が違います。インビザラインは歯の部分だけを覆っていますが、アソアライナーは歯のほかに、歯ぐきと上あごの3分の1ぐらいを覆う形をしています。

ふたつを並べて比較すると大きさも形も違うのが一目瞭然ですが、装着感は、当然、インビザラインのほうが違和感がありません。

来院頻度を少なくすませたい!という方は、インビザラインの方がおすすめといえるでしょう。

大阪の矯正歯科口コミ大百科