大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » 悪い歯並びを放置すると起こり得るトラブル » 過蓋咬合(深すぎる噛み合わせ)を治さないデメリット

過蓋咬合(深すぎる噛み合わせ)を治さないデメリット

過蓋咬合(深すぎる噛み合わせ)を矯正しないデメリットをまとめました。

過蓋咬合を治さないとどうなる……?

過蓋咬合(かがいこうごう)を治さず、放置してしまうと起こる弊害・障害にはどのようなものがあるのでしょうか。おもな症状についてまとめてみました。

顎関節症

まず、過蓋咬合によって引き起こされる代表的な疾患として挙げられるのが、顎関節症。

過蓋咬合の特徴として、下あごが上あごに覆われてしまっているため、下あごを動かしにくいという症状があります。これは、前歯によって下あごが圧迫されることが原因。すると、あごの関節は接合部の骨に押し戻されて圧迫され、痛みを生じるわけです

あごに負荷がかかって痛みを覚える他、あごを動かす際に異音がする、口を開く際に引っかかるといった顎関節症の症状に見舞われます。また、顎関節症が進行すると、口が開きにくくなって食事や会話にも影響が出るなど、放っておいても何ひとつ良いことはありません

顎関節症を悪化させない、そもそも発症させないためにも、過蓋咬合はできるだけすみやかに矯正したほうがいいでしょう。

虫歯

過蓋咬合は簡単にいうと、噛み合わせが深すぎて前歯が飛び出しているような状態。つまり、前歯がとても乾燥しやすい状態にあります。

歯が乾燥しやすいということは、唾液によるバリア効果が効かず、細菌・雑菌が繁殖しやすい状態。イコール、虫歯になりやすい状態なのです。

特に過蓋咬合は歯の表面だけなく、歯が常に露出して全体が乾燥してしまうため、とてもやっかい。歯の隙間や裏側など、発見しづらい場所も虫歯になりやすいので、より丹念な歯磨き・クリーニングは欠かせません。

歯周病

過蓋咬合によって歯周病になってしまう理由・理屈は、虫歯と同じです。唾液に含まれる成分や水分によって、細菌・雑菌の繁殖や乾燥を抑えるはたらきが失われるため、歯の周囲にも菌が増殖してしまいます。

歯周病の煩わしいところは、虫歯のように治療すれば終わり、という問題ではない点。極端な話、虫歯は削って詰め物をすれば1日で治療は終わりますし、何事もなかったかのようにまた食事もできます。

しかし、歯周病は治療で病原菌を除去しても、口腔内の環境が改善されないとまたすぐに発症してしまうのです。ですから、過蓋咬合による歯周病を治すためには、まずは、過蓋咬合そのものを矯正する必要があるということ。歯や歯ぐきのためにも、過蓋咬合の疑いがあれば即、矯正しましょう。

口内炎

口内炎には様々な原因が考えられますが、口腔内を噛んでしまうことも主要因だといわれています。噛んでしまった傷口からばい菌が入り、そこが炎症を起こしてしまうのです。

噛み合わせが深く、上の前歯が下の前歯を覆ってしまっているような状態の過蓋咬合は、当然のことながら噛み合わせは最悪の状態。

口の中を噛みやすいため傷もできやすく、おまけに唾液による抑菌効果もないので細菌類も繁殖しやすいという、口内炎パラダイスなのです。

口内炎になった同じ部分をまた噛んだり、口腔内の衛生状態が悪かったりすると、炎症はさらにひどくなって食べることもできないほど痛くなることも。

ひどい場合だと、下の歯の一部を削ることで刺激を与えないようにする処置をとるケースもあります。

消化不良

繰り返しになりますが、過蓋咬合は噛み合わせが深すぎて、上の前歯が下の前歯にかぶさっている状態です。

噛み合わせが悪いわけですから、食べ物をしっかりと咀嚼することも難しくなります。ちゃんと噛み砕かれないまま、食べ物を口にしていると負担がかかるのが消化器官。

食道や胃、小腸、大腸といった消化器官系がダメージを負い、消化不良を起こしてしまいます。消化不良が起こると身体全体の不調にもつながりますので、その原因となる歯並びは、治しておくに越したことはないのです。

矯正と過蓋咬合の放置、どっちがより高額な医療費が必要?

過蓋咬合を矯正せずに放置した場合、どのような疾病や障害を招くのでしょうか。その治療費の目安とともにご紹介しましょう。

  • 虫歯治療
    保険適応治療で、5,000円程度。
  • 歯周病治療
    保険適応による軽度症状治療は約5,000円で、自由診療による重度症状治療は約100,000円以上。
  • 顎関節症
    顎位矯正での治療は300,000円ほどが目安。スプリント(マウスピース)療法での治療は約5,000円が目安。外科手術だと150,000円ほど。
  • 口内炎
    保険適応の薬治療で230円、自由診療のレーザー治療で500~3,000円が相場。

また、歯科医院での矯正治療相場は、ワイヤー矯正で810,000円ほど、裏側矯正で1,300,000円ほど、マウスピース矯正で1,010,000円ほどとなっています。

過蓋咬合の原因と治療法は?

さまざまな弊害を引きこしてしまう過蓋咬合。そもそも、過蓋咬合となってしまう原因とはどのようなものなのでしょう。

理想的な前歯の噛み合わせは、上の歯が下の歯の1/4~1/3程度の割合で覆いかぶさっている状態です。それが半分、もしくはほとんど下の歯が上の歯に隠れてしまうのには、いくつかの要因があります。

先天的なものとしては、遺伝によるもの。歯の生え方やあごの成長に不整をきたし、噛み合わせが深くなりすぎるケースです。生まれつき過蓋咬合の場合もあるので予防は難しく、発症したら矯正していくことになります。

後天的な原因としては、虫歯などによって、一般的な生え変わりよりも早いタイミングで乳歯を喪失することが要因となることも。生えてくるべき位置に正しく歯が生えてこず、噛み合わせが深くなることがあります。

また、奥歯を喪失したまま放置しておくことも過蓋咬合の原因のひとつ。残った奥歯に過度の負荷がかかり、バランスが崩れて前歯の噛み合わせに異常をきたすのです。

反対に、前歯が原因となることもあります。上の前歯が伸びすぎたり大きすぎたりすると、下の前歯が正常に伸びず、過蓋咬合になってしまうことも。

日常生活のクセも原因ですので、歯ぎしりや噛む力が均等でない、よく頬杖をつく、指しゃぶりをすると、奥歯が削れて低くなってしまいますそうすると全体の噛み合わせがおかしくなり、前歯の噛み合わせもズレてくるのです。

こうした過蓋咬合の治療法として一般的なのが、ワイヤー矯正。歯の表面にワイヤー装置をつけ、歯並びを正しく矯正します。

相応の効果はあるのですが、やはり見た目の不審美性がデメリット。「目立たないように、人に知られないように矯正したい」というのであれば、透明のマウスピースや歯の裏側に矯正器具を装着する裏側矯正などを手がけているクリニックでの治療ががおすすめです。

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科