大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » 悪い歯並びを放置すると起こり得るトラブル » 開咬(オープンバイト)を治さないデメリット

開咬(オープンバイト)を治さないデメリット

開咬(オープンバイト)を矯正しないデメリットをまとめました。

開咬を治さないとどうなる……?

審美歯科のなかでも、前歯が閉じない、つまり開咬で悩んでいる方は意外と多くいらっしゃいます。まずは、開咬を放置するとどういう弊害があるのかを説明しましょう。

虫歯

開咬で問題となることのひとつに、虫歯があります。開咬は、不整な歯並びによって口がうまく閉じられない症状。

つまり、いつも口が空いている状態です。ということは、皆さんおわかりのように、口腔内が乾燥しやすくなります。

口の中が乾燥すれば、唾液の分泌も低下。細菌・雑菌を抑制する唾液が減ることで、虫歯になりやすくなるのです。

歯並びにも問題があるわけですから、磨き残しもできやすく、それも開咬が虫歯を誘引する原因となっています。

歯周病

開咬によってドライマスになってしまうと、歯周病になるリスクも高まります。歯周病の原因も虫歯と同じように細菌・雑菌ですから、これらの菌が歯ぐきまわりで繁殖してしまうと、歯周病になってしまうのです。

歯周病が進行すれば歯を失うことにもなります。開咬はすみやかに処置しなければいけない、とてもやっかいな症状だといえるでしょう。

開咬の矯正・治療をしないのであれば、こまめに歯科医院でクリーニングするなど、徹底したケアをしてください。

なお、歯周病は歯を失うリスクがあるだけでなく、口臭の原因ともなります。自分だけの問題ではなく、周囲にも不快な思いさせてしまうこともなるので、開咬の早期治療は必須です。

顎関節症

前歯が閉じない開咬を放っておくと、顎関節症になってしまう危険性もあります。開咬の人がsjpくじをする際、食べ物を前歯で噛み切れず、奥歯で噛み切ることになります。

奥歯の役目は、前歯で噛み切られたものをすり潰すこと。本来とは異なる役割をさせるため、奥歯にはかなり無理な力がかかるのです。奥歯にかかった負担は、そのままあごへの負担ともなり、やがて顎関節症として症状を発することになります。

そうなると前歯も使えず、奥歯も痛みで噛めないとなると、食事もままならなくなるのです。

前歯は前歯の、奥歯は奥歯の役割をもたせられるよう、きちんと矯正することが望ましいでしょう。

消化不良

上記のように開咬はきちんと咀嚼できないわけですから、本当なら細かくかみ砕かれて食道や胃に送られるべきものを、大きな塊の状態で飲みこむことになります。

食事のたびに大きな塊で食べ物を飲み込んでいると、ダメージを受けるのが胃をはじめとした消化器官。消化器官がストレスをうけて機能低下すれば、消化不良を起こしてしまいます。

消化不良が慢性化すると、充分な栄養を取りこめないほか、便秘や吐き気・胸やけの原因にもなるため、決して甘く見てはいけません。消化不良も立派な内臓疾患のひとつなのです。

食べ物をおいしく口にするためだけでなく、体調をしっかり管理するためにも、開咬は早いうちに治しておいてください。

発音異常

上下に歯の隙間の空いた状態の開咬は、発音障害の大きな原因。サ行やタ行をはじめ、「き」「し」「ち」など母音が「い」の発音が特にうまくできず、滑舌の悪さを招いてしまいます。

うまく発音できないために人と話すことが苦手になり、コミュニケーション障害を引きこすケースもあるのです。

もちろん、これは日本語に限ったことではありません。英語をはじめとした外国語の発音も、正確にできない可能性があります。これから留学やスピーチなどで英語を話す機会があったり、受験や学校の勉強などで英語などを話したりする必要性がある場合は、きちんと発音できるようにしておくべきでしょう。

特にビジネスにおいては、歯並びの悪さは致命的。欧米では八重歯や開咬はマナー違反で、一社会人として認めてもらうことすらできません。

矯正と開咬の放置、どっちがより高額な医療費が必要?

開咬をそのままにしておくことで起こる弊害と、その治療費相場についても見ておきましょう。

  • 虫歯治療
    1本5,000円(保険適用)ほどが目安です。
  • 歯周病治療
    軽度治療の場合、保険適応で5,000円程度。重度の自由診療では100,000円以上かかってしまいます。
  • 顎関節症
    顎位矯正は300,000円程度が相場。マウスピース(スプリント)療法は5,000円程度、外科手術は15,000円程度がおおよその費用相場となっています。

すべて自由診療となりますが、矯正治療ではマウスピースが約1,010,000円、ワイヤー矯正が約814,000円、裏側矯正が約1,300,000円が相場。参考にしてみてください。

開咬の原因と治療法は?

そもそも、開咬はどのような原因でなってしまうのでしょうか。実は10代の10人に1人は開咬、もしくは開咬の傾向があるといわれています。つまり、学校であればクラスに3~4人は開咬の生徒がいるということ。決して珍しい症状ではなく、誰にでも発症する可能性があるのです。

その原因は、大きく分けて3つ。

1つは遺伝によるもの。遺伝によって骨格が正常に発達しないと開咬になってしまう可能性があります。あごの形状が個性的なものであれば、遺伝が原因である確率が高いといわれています。

2つめは、幼少期の癖に起因するもので、頬杖をついたり、前歯を押すように指をくわえたり、舌を歯で噛むように挟んだりするなどの癖があると、開咬になりやすくなります。

3つめは、蓄膿や鼻炎など呼吸器系疾患が原因で開咬となってしまうケース。これは、鼻で息をしづらいために口呼吸が常態化してしまい、その結果、頬や口腔、唇の筋力バランスが乱れて開咬を発症してしまいます。

治療法は、年齢によって方法が違ってきます。すべて乳歯の5歳以下の場合は、着脱可能な器具を取り付けて経過を見ながら矯正。矯正期間は約6か月で、同時に開咬の原因ともなっているクセがあれば矯正していきます。

永久歯も何本か生えている6~10歳くらいの子は、部分的に固定する装置や取り外しできる装置などを使う矯正のほか、あごの発育を誘導する方法、バランスを改善する方法などを、症状・個人にあわせて処置。

期間は装置を使う場合は6か月、発育誘導やバランス改善の場合は1年から1年半かけて矯正していきます。

全体が永久歯の年齢になると、すべての歯を固定する装置(ブレース)での矯正です。期間は症状にもよりますが、おおよそ1年~2年ほどでしょう。

また、「目立たない方法で矯正したい」というのであれば、裏側矯正やマウスピース矯正などに対応している歯科クリニックを選ぶようにしてください。

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科