大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » 悪い歯並びを放置すると起こり得るトラブル » 噛み合わせを治さないデメリット

噛み合わせを治さないデメリット

矯正歯科においてもっとも重視されているものが「噛み合わせ」です。上下の歯がしっかりと噛み合わせられない場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

噛み合わせを直さないリスクとは

虫歯のリスク

噛み合わせが悪いままでいると、歯の凹凸部分のブラッシングが難しくなり、歯ブラシが届かない場所などが発生して、そこから虫歯になる場合があります。食事をした後の汚れの取り残しなどから、虫歯だけでなく歯周病を引き起こす可能性もあります。

口呼吸のリスク

唇をスムーズに閉じられない方が噛み合わせを放置していると、口が開けっ放しになり口呼吸が習慣化するおそれがあります。口呼吸はだ液による口腔内の自浄作用を妨げ、常に口の中が乾燥していて、虫歯や歯周病のリスクを増やします。

口呼吸が習慣化すると、この後説明する「見た目」に関わる問題や、いびきなどにも繋がりやすくなるため、口をしっかりと閉じて鼻呼吸ができるよう、噛み合わせを整える必要があります。

見た目が悪くなるリスク

口呼吸が習慣化すると、口が自然に開いてしまうなどして、見た目に影響を与える可能性があります。また、噛み合わせが悪いまま放置していると、前歯が出たり横顔のアンバランスなどにも繋がりやすくなるため、見た目に影響が出てくるおそれがあります。

受け口の方の場合、噛み合わせを治療するだけですっきりとした美しい見た目を手に入れることができます。矯正治療は単にものが噛みやすくなるだけでなく、見た目の美しさにも多大な影響を及ぼします。

咀嚼に関わるリスク

噛み合わせの悪さを放置していると、ものを噛む「咀嚼(そしゃく)」に影響を与えます。上下の歯がしっかりと噛み合わないことで、咀嚼効率が悪くなり、しっかりと食べ物をかみ砕くことができなくなります。

また、弾力の強い食材などは引き切ったりすり潰したりする作業が必要となりますが、噛み合わせが悪ければそうした高度な咀嚼も難しくなります。

発音のリスク

噛み合わせが悪いままでいると、口腔内における特定の音が出しづらくなる場合があります(出しづらくなる音の種類は噛み合わせの状態により異なります)。

舌が正常な位置につかないために音が出づらい、または他の音と混同して聴こえるといった問題も発生しやすくなるため、正しく発音するためには噛み合わせを正しい位置に矯正する必要があります。

顎関節症のリスク

噛み合わせが原因で顎関節症を併発する場合があると言われています。ものを食べるときに痛みを感じたり(顎関節痛)、口が開けにくくなる(開口障害)等、顎関節に疾患が現れる。

顎関節症を併発している場合は、噛み合わせの矯正と並行してそちらの治療も行っていく必要があり、多くは歯科治療を含めた保存的治療法で処置されるので完治まで時間を要することになるでしょう。

噛み合わせの原因と治療法は?

噛み合わせが悪くなる原因は人によりさまざまで、遺伝的要因もあれば、幼少期のクセ(おしゃぶりによる出っ歯など)、歯科医院における抜歯の失敗など、いくつかの原因が考えられます。

人により噛み合わせの状態は異なりますので、まずは歯科医院で正しい噛み合わせの位置を決めてもらい、そこに向かって治療していく必要があります。

必要に応じて外科手術を要する場合もありますが、部分的な矯正治療や数本の抜歯などで比較的手軽に治療が完了するケースもあります。

参照:顎関節症と歯の噛み合わせ (身体障害と歯)(II 部 身体と歯科学)

http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/6347/1/KJ00000715325.pdf

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科