大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
小山 勲男
有本 博英
HOME » 悪い歯並びを放置すると起こり得るトラブル » 八重歯(叢生・乱杭歯)を治さないデメリット

八重歯(叢生・乱杭歯)を治さないデメリット

八重歯(叢生・乱杭歯)を矯正しないデメリットをまとめました。

八重歯を治さないとどうなる……?

乱杭歯ともいわれる八重歯ですが、放置しておくといろいろな弊害を引き起こす要因となります。まずは八重歯による弊害について見ていきましょう。

口腔内のケガ

特に、犬歯が八重歯だと口の中をケガする危険性があります。外側に向かって生えていれば頬の内側や唇を、内側に向かって生えていれば舌を傷つけてしまうでしょう。

犬歯は食べ物を噛み切るための歯なので、他のどの歯よりも尖っているのが特徴。そのため、犬歯が八重歯だと口腔内を傷つけやすくやっかいなのです。

八重歯は笑顔のときのチャームポイント、とも言われますが、口腔衛生上は決して好ましい状況ではありません。

犬歯に限らず、八重歯があると唇や頬の内側、舌など、口腔内を傷つけやすいので、できるだけ矯正治療を受けるようにしましょう。

口内炎

八重歯は口腔内をケガしやすいということは、口内炎にもなりやすいということ。

口内炎には様々な原因がありますが、口腔内のキズも大きな要因のひとつです。八重歯が唇や頬の内側に当たったり噛んでしまったりすることでキズができます。そこから菌が入ってしまうと、口内炎を起こします。

さらにやっかいなのは、口内炎に八重歯がいつも当たってしまうため痛みがひどく、治りにくいという点。口腔内の衛生状況が悪ければ、常時、八重歯を介して口内炎のキズ口にばい菌・雑菌の類を塗り込んでいることになり、ますます炎症がひどくなって治りも遅くなります。

体質的に口内炎になりやすい人で八重歯の方は、歯並びが原因でもあるので、すみやかに矯正することをおすすめします。

虫歯

ここまで説明した通り、八重歯も矯正が必要な歯並び、つまり、歯磨きにも影響を及ぼすということです。

八重歯によって歯並びが悪いためにブラッシングがうまくできず、そこから虫歯になってしまうことも少なくありません。歯と歯が重なる部分はどうしてもブラシが届きにくく、磨き残しができてしまうのです。

中でも前歯は要注意。一本一本が細く複雑に重なり合うと、とても磨きにくくなるため、より虫歯のリスクが高まります。歯間ブラシも通りにくく、歯と歯の間から虫歯となってしまうので治療も2本同時にしなければならないなど、放っておいてもいいことはひとつもありません。見栄え的にも前歯の八重歯は、すぐにでも治したほうがいいでしょう。

歯周病

虫歯と同様、歯磨きを十分にできないことから、八重歯には歯周病のリスクも。磨き残しによる衛生状態の悪さから細菌が繁殖してしまい、歯周病を引き起こしてしまいます。

しかし、なにも八重歯が歯周病を招いてしまうのは歯磨きだけが原因ではありません。

八重歯による口腔内の乾燥もその一因。例えば、犬歯が飛び出していると唇を閉じにくくなってしまうでしょう。すると、上唇と下唇の隙間ができ、口腔内が乾燥していきます。

口腔内が乾燥するということは、細菌が繁殖しやすいということ。つまり、口腔内の健全な抗菌作用を失っている状態となってしまうため、歯周病にもかかりやすくなるのです。

さらに歯磨きの磨き残しがあると、細菌が繁殖しやすい状況をより整えてしまうことになります。

他の歯への負担増

歯は、隣の歯同士が支えあって強度を保っています。八重歯があると、支えあう関係にひずみが生まれ、十分な強度を保つことができなくなります。

たとえば犬歯。犬歯には周囲の歯にかかる負担を軽くする役割もあるのですが、ここが八重歯となってしまうと周辺の歯に負担がかかって脆くなってしまうのです。

また、強度面だけでなく、他の歯に負担がかかり続けることで知覚過敏になってしまうという可能性も。

もちろん、噛み合わせも悪くなりますし、ますます一本一本の歯への負担は増していきます。

骨折などとは違い、そのまま放置しておいても自然に治ることもありません。歯は圧力から逃げようと、どんどん外側、もしくは内側へ向かって反れていきます。たった一本、歯並びが崩れるだけで、その分の負荷が周囲の歯にかかり、ドミノ倒しのように歯はガタガタに…。早急に対処しましょう。

消化器系への負担増

八重歯である、ということは、噛み合わせが正しくない、ということでもあります。噛み合わせが正しくないと、きちんと食べ物を咀嚼することができません。

食べ物を十分に咀嚼できないまま飲み込めば、その分、確実に胃腸への負担が増します。要するに、八重歯は間接的に消化器系へもダメージを与えているのです。

食道や胃、腸へ負担がかかれば消化不良を引き起こします。すると、軟便や便秘をはじめ、胸やけや不快感などの原因に。八重歯によって口内炎や虫歯になっていれば、さらに咀嚼は荒くなるため、消化器官の負担もより増してしまいます。

ですから、八重歯は胃腸の弱い人であれば、なおさら治すべきなのです。

矯正と八重歯の放置、どっちがより高額な医療費が必要?

八重歯が原因で引きこされる疾病や障害を治療するには、どれくらいの費用がかかるのかチェックしておきましょう。

  • 虫歯治療
    保険適応での治療で5,000円ほど。
  • 歯周病治療
    保険適応(軽度)で約5,000円、自由診療(重度)で100,000円以上が目安。
  • 口内炎
    薬治療は保険適応で230円、レーザー焼却は自由診療で500円から3,000円くらい。

矯正治療は300,000円から1,500,000円が相場ですが、難易度が高い場合だと2,000,000円を超えることも。一般的には自由診療であるため、保険適用外です。

海外での八重歯の印象は?

八重歯というと、かつてはチャームポイントとしてもてはやされた時期もありました。八重歯が小悪魔的なアクセントとなって、より美的なルックスを引き立てるからでしょう。

以前ほどではないものの、現在でも八重歯をチャームポイントとするアイドルは人気を得ています。「八重歯=かわいい」という認識がない方もいらっしゃるでしょうが、それでも「八重歯=NG」という認識は少数派ではないでしょうか。

しかし、それも日本国内に限っての話。海外、こと欧米となると八重歯への認識は大きくことなります。そもそも欧米では、キレイな歯並びこそが美しさの象徴であり、八重歯は醜いものとして忌み嫌われているのです。

また、イメージ的な問題だけなく、実用的な問題もあります。英語をはじめとした言語は、八重歯だと正しい発音ができず、きちんとしたコミュニケーションをとれません。

特にアメリカのビジネス界においては、八重歯はご法度。歯列矯正はマナーの基本であり、子どものうちに矯正させられます。

そのため、アメリカでは矯正歯科が発達していますし、費用も日本比べてリーズナブル。矯正・審美歯科に費やした金額が、一種のステータスともなっています。

欧米の人からすると日本人が八重歯を矯正しないことへの理解が難しいのです。

八重歯に有効な矯正方法は?

八重歯を矯正・治療するには、さまざまな方法があります。代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

  • ブラケット矯正
    ブラケット矯正とは、金属製などのブラケットを使って八重歯を矯正する治療法。一般的には第一小臼歯を抜いて、ブラケットで矯正します。ブラケットには金属製のもののほかに、プラスチック製のものや白、透明のものなどがありますが、目立たないものほど高額です。
  • 舌側矯正
    歯の裏側にブラケットを装着する矯正法。表からは見えないため、目立たないのが最大の特徴です。半面、歯の裏側に異物があるため、うまく発音できなかったり、舌にあたってキズをつけたりするという側面もあります。表面よりも高度な技術力を要するので、費用は割高で歯科医師の腕も要求されます。
  • マウスピース矯正
    プラスチック製の透明なマウスピースをはめ込み、八重歯を矯正します。つけ外しが自由で食事の妨げにならず、歯磨きもきちんとできるのがメリット。舌側矯正ほどではないにしろ、ブラケット矯正ほどは目立ちません。ただし、外しっぱなしにしたり装着時間を守らなかったりすると効果は得られません。また、あまりにも酷い八重歯では使用できないこともあります。

「とにかく費用優先」「目立たない方法で」など、人によってニーズも異なります。ニーズによって方法が選択できるよう、各矯正法に対応できる歯科クリニックを選ぶことが重要です。

ページの先頭へ

大阪の矯正歯科口コミ大百科