大阪の矯正歯科口コミ大百科

おすすめの口コミ評価の高い矯正歯科クリニックin大阪

  • サイトマップ
大阪にいる名医
松本 正洋
佐本 博
         
岡本 義正
山本 治

口コミから選ぶ大阪の矯正歯科BEST5

自分に合った矯正歯科を探すといっても、大阪だけでも数え切れないほどの医院があり、どこを選べばよいのか途方に暮れてしまうことはありませんか?

ここでは『医院の特徴』『治療法と費用』を中心に、気になる『口コミ評判』も交えて、大阪の矯正歯科医院BEST5を選んでみました。ぜひ参考にしてみて下さいね!

大阪矯正歯科センター


大阪矯正歯科センターの画像

総合評価★★★★★

http://www.osaka-kyousei.com/

  • 歯列矯正の実績は約25年で11,500件以上!
  • 34名の歯の専門医が在籍!
  • 最先端の矯正治療を受けられる!
所在地
大坂矯正歯科センター
梅田クローバー歯科クリニック
大阪府大阪市北区梅田
アクセス
梅田駅から徒歩3分/JR大阪駅から徒歩5分
※ほか、吹田・なんば・豊中・三宮にクリニックがあります。
診療時間
平日/9:30~19:00
土曜日/9:20~17:20
休診日/日曜・祝日
治療法費用

・普通矯正(両顎)75万円/(片顎)48万円 管理料1回3,500円

・審美矯正(両顎)79万円/(片顎)50万円 管理料1回3,500円

・裏側矯正(両顎)145万円/(片顎)84万円 管理料1回5,000円

・部分矯正 20万円~40万円 管理料0円
・インビザライン(両顎)90万円/(片顎)60万円 管理料0円
※金額は税抜きです。


口コミ評判
  • 【すごく丁寧な説明】
    「矯正歯科で評判が良い医院です。担当の医師が治療についてすごく丁寧に説明してくれて、疑問にも1つ1つくわしく答えてくれました」
  • 【安心して治療できるチャイルドルーム】
    「保育士が常駐しているチャイルドルームがあるので、子供連れでも安心して治療が受けられるのが有り難いです」
  • 【10年保証がついていて安心】
    「自費診療の治療では10年間の保証が付くので、安心です。定期的なメンテナンスが保証されているのが、とても良いと思います」
  • 【費用が明確で解りやすい】
    「最初のカウンセリングの時に治療方針、費用についての説明をしてくれました。治療が終了するまでの総額を知ったうえで、安心して治療に専念できます。分割払いもできるので助かります!」

大阪矯正歯科センターの画像

総合評価★★★★★

  • 歯列矯正の実績は約25年で11,500件以上!
  • 34名の歯の専門医が在籍!
  • 最先端の矯正治療を受けられる!

所在地

大阪矯正歯科センター
梅田クローバー歯科クリニック
大阪府大阪市北区梅田

アクセス

梅田駅から徒歩3分/JR大阪駅から徒歩5分
※ほか、吹田・なんば・豊中・三宮にクリニックがあります。

診療時間

平日/9:30~19:00
土曜日/9:20~17:20
休診日/日曜・祝日

治療法費用

・普通矯正(両顎)75万円/(片顎)48万円 管理料1回3,500円
・審美矯正(両顎)79万円/(片顎)50万円 管理料1回3,500円
・裏側矯正(両顎)145万円/(片顎)84万円 管理料1回5,000円
・部分矯正 20万円~40万円 管理料0円
・インビザライン(両顎)90万円/(片顎)60万円 管理料0円
※金額は税抜きです。

口コミ評判

  • 【すごく丁寧な説明】
    「矯正歯科で評判が良い医院です。担当の医師が治療についてすごく丁寧に説明してくれて、疑問にも1つ1つくわしく答えてくれました」
  • 【安心して治療できるチャイルドルーム】
    「保育士が常駐しているチャイルドルームがあるので、子供連れでも安心して治療が受けられるのが有り難いです」
  • 【10年保証がついていて安心】
    「自費診療の治療では10年間の保証が付くので、安心です。定期的なメンテナンスが保証されているのが、とても良いと思います」
  • 【費用が明確で解りやすい】
    「最初のカウンセリングの時に治療方針、費用についての説明をしてくれました。治療が終了するまでの総額を知ったうえで、安心して治療に専念できます。分割払いもできるので助かります!」

青山アール矯正歯科


青山アール矯正歯科の画像

総合評価★★★★☆

http://www.aoyamar.jp/

  • インビザライン(マウスピース)矯正の専門クリニック
  • 完全個室、完全予約制でプライバシーを尊重
  • 最先端治療を受けられる!
  • 少ない通院回数の治療が可能
所在地
大阪府大阪市浪速区幸町
アクセス
千日前線桜川駅5番出口すぐ
診療時間
平日/11:00~19:30
土曜日/10:00~18:30
休診日/日曜・祝日
治療法費用 ・インビザライン(両顎)103万円/(片顎)73万円
・普通矯正(両顎)93万円/(片顎)53万円
・裏側矯正(両顎)160万円/(片顎)90万円
※金額は税抜き・矯正終了までの全ての金額が含まれます。

口コミ評判
  • 【マウスピースを2週間ごとに交換できて清潔】
    「マウスピースの矯正は、慣れないと話しにくかったり、歯垢の匂いが気になったりしましたが、基本2週間で新しいものに交換できるので、だんだん交換するのが楽しみになってきます」
  • 【ストレスなしで治療できる】
    「上下の抜歯が必要だったので最初は不安でしたが、結果には満足しています。インビザラインの矯正は見た目も目立たないため、ストレスなしで矯正できるのが一番の利点だと思います」
  • 【親切で安心できる先生】
    「インビザラインという矯正方法をインターネットで知り、とても気になっていました。専門の医院が大阪に開院したということを聞いて、さっそく治療の相談に行きました。とてもきれいで清潔な院内で、先生もまた優しく親切で安心感を与えてくれる方でした」

青山アール矯正歯科の画像

総合評価★★★★☆

  • インビザライン(マウスピース)矯正の専門クリニック
  • 完全個室、完全予約制でプライバシーを尊重
  • 最先端治療を受けられる!
  • 少ない通院回数の治療が可能

所在地

大阪府大阪市浪速区幸町

アクセス

千日前線桜川駅5番出口すぐ

診療時間

平日/11:00~19:30
土曜日/10:00~18:30
休診日/日曜・祝日

治療法費用

・インビザライン(両顎)103万円/(片顎)73万円
・普通矯正(両顎)93万円/(片顎)53万円
・裏側矯正(両顎)160万円/(片顎)90万円
※金額は税抜き・矯正終了までの全ての金額が含まれます。

口コミ評判

  • 【マウスピースを2週間ごとに交換できて清潔】
    「マウスピースの矯正は、慣れないと話しにくかったり、歯垢の匂いが気になったりしましたが、基本2週間で新しいものに交換できるので、だんだん交換するのが楽しみになってきます」
  • 【ストレスなしで治療できる】
    「上下の抜歯が必要だったので最初は不安でしたが、結果には満足しています。インビザラインの矯正は見た目も目立たないため、ストレスなしで矯正できるのが一番の利点だと思います」
  • 【親切で安心できる先生】
    「インビザラインという矯正方法をインターネットで知り、とても気になっていました。専門の医院が大阪に開院したということを聞いて、さっそく治療の相談に行きました。とてもきれいで清潔な院内で、先生もまた優しく親切で安心感を与えてくれる方でした」

ウメダデンタルクリニック


ウメダデンタルクリニックの画像

総合評価★★★☆☆

http://www.umeda.or.jp/

  • カウンセリングからメンテナンスまでをシステム化
  • 患者一人一人に合わせた治療を行う
  • 10年保証などアフターケアが充実
所在地
大阪府大阪市北区小松原町
アクセス
JR大阪駅・御堂筋線梅田駅より徒歩5分
診療時間
平日/10:30~19:30
土曜日/10:30~17:30
休診日/木曜・日曜・祝日
治療法費用 ・普通矯正(両顎)63万円+検査料/(片顎)33万円+検査料
・審美矯正(両顎)73万円+検査料/(片顎)38万円+検査料
・裏側矯正(両顎)113万円+検査料/(片顎)58万円+検査料
・部分矯正 33万円~
※金額は税抜き・毎月1回5,000円~7,000円の検査料が必要

口コミ評判
  • 【オールセラミッククラウン法で歯茎も健康に】
    「歯並びがすごく悪かったので、オールセラミッククラウンという方法で矯正してもらいました。もともと1本が差し歯だったこともあって、歯茎も黒っぽく変色していました。治療後しばらくすると、だんだん歯茎が元のようにピンク色に戻ってきたのが嬉しかったです」
  • 【気さくな先生に治療してもらって良かった】
    「こんなに早くきれいな歯になるとは、今まで悩んできたのがウソのようです。医院は梅田の真ん中で院内もしゃれているため「どんな先生かな」と不安でしたが、意外に気さくで説明も解りやすいので安心しました。先生に治療してもらえて、本当に良かったです。遠くから通う患者さんが多いのも、納得できました」

ウメダデンタルクリニックの画像

総合評価★★★☆☆

  • カウンセリングからメンテナンスまでをシステム化
  • 患者一人一人に合わせた治療を行う
  • 10年保証などアフターケアが充実

所在地

大阪府大阪市北区小松原町

アクセス

JR大阪駅・御堂筋線梅田駅より徒歩5分

診療時間

平日/10:30~19:30
土曜日/10:30~17:30
休診日/木曜・日曜・祝日

治療法費用

・普通矯正(両顎)63万円+検査料/(片顎)33万円+検査料
・審美矯正(両顎)73万円+検査料/(片顎)38万円+検査料
・裏側矯正(両顎)113万円+検査料/(片顎)58万円+検査料
・部分矯正 33万円~
※金額は税抜き・毎月1回5,000円?7,000円の検査料が必要

口コミ評判

  • 【オールセラミッククラウン法で歯茎も健康に】
    「歯並びがすごく悪かったので、オールセラミッククラウンという方法で矯正してもらいました。もともと1本が差し歯だったこともあって、歯茎も黒っぽく変色していました。治療後しばらくすると、だんだん歯茎が元のようにピンク色に戻ってきたのが嬉しかったです」
  • 【気さくな先生に治療してもらって良かった】
    「こんなに早くきれいな歯になるとは、今まで悩んできたのがウソのようです。医院は梅田の真ん中で院内もしゃれているため「どんな先生かな」と不安でしたが、意外に気さくで説明も解りやすいので安心しました。先生に治療してもらえて、本当に良かったです。遠くから通う患者さんが多いのも、納得できました」

有心会インプラントセンター/大阪梅田デンタルクリニック


有心会インプラントセンター/大阪梅田デンタルクリニックの画像

総合評価★★★半☆☆

http://www.yusinkai.jp/

  • 「見えない矯正」にこだわる歯科医院
  • 治療内容がわかる「診療コピー」が貰える
所在地
大阪府大阪市北区芝田
アクセス
阪急梅田駅徒歩1分
診療時間
平日/10:00~19:00
土曜日/10:00~17:00
休診日/木曜・日曜・祝日
治療法費用 ・裏側矯正(両顎)120万円/(片顎)70万円
・審美矯正(両顎)60万円/(片顎)40万円
・普通矯正(両顎)50万円/(片顎)30万円
・デーモンシステム(両顎)70万円/(片顎)40万円
・2Dリンガルブラケット(両顎)100万円/(片顎)60万円
※金額は税抜き

口コミ評判
  • 【快適な食生活が送れるように】
    「歯並びがきれいになり食事の時もよく噛みきれるようになったので、快適に食事ができるようになりました。治療も全然痛くなく、もっと早くから矯正を始めていれば良かったと思いました」
  • 【詳しい説明で安心】
    「矯正の治療には不安がありましたが、最初にとても詳しく丁寧に説明していただいたので安心して治療を決心することができました」

有心会インプラントセンター/大阪梅田デンタルクリニックの画像

総合評価★★★半☆☆

  • 「見えない矯正」にこだわる歯科医院
  • 治療内容がわかる「診療コピー」が貰える

所在地

大阪府大阪市北区芝田

アクセス

阪急梅田駅徒歩1分

診療時間

平日/10:00~19:00
土曜日/10:00~17:00
休診日/木曜・日曜・祝日

治療法費用

・裏側矯正(両顎)120万円/(片顎)70万円
・審美矯正(両顎)60万円/(片顎)40万円
・普通矯正(両顎)50万円/(片顎)30万円
・デーモンシステム(両顎)70万円/(片顎)40万円
・2Dリンガルブラケット(両顎)100万円/(片顎)60万円
※金額は税抜き

口コミ評判

  • 【快適な食生活が送れるように】
    「歯並びがきれいになり食事の時もよく噛みきれるようになったので、快適に食事ができるようになりました。治療も全然痛くなく、もっと早くから矯正を始めていれば良かったと思いました」
  • 【詳しい説明で安心】
    「矯正の治療には不安がありましたが、最初にとても詳しく丁寧に説明していただいたので安心して治療を決心することができました」

豊富な実績をもった専門医のいる
大阪矯正歯科センター

梅田クローバー歯科クリニック画像大阪矯正歯科センターは、梅田クローバー歯科クリニックを含めて、6つの矯正歯科医院を開院。2015年2月の時点では、11,543人の治療実績を持っている、大阪でも5本の指にはいる矯正歯科センターといえるでしょう。

そして大阪矯正歯科センターの最大の特長は、専門医34名によるチーム医療です。

日本矯正歯科科学会の認定している専門医をはじめとして、歯周病、補綴歯科(入れ歯)、インプラント歯科といった34名による歯のプロフェッショナルたちによるトータルな治療を受けられます。

1人の患者さんに対し、34名全員が症例検討会を行い最適な治療を施してくれるのは、大阪の中でも大阪矯正歯科センターだけではないでしょうか。

総院長である松本正洋は、自らも治療にあたるほかに、他院の歯科医にも講習を実施しているまさしく矯正歯科のエキスパートです。そのほかにも専門論文や専門誌での紹介も多数。アメリカ審美歯科学会アカデミー会員でもあります。

分割払いが可能です

梅田クローバー歯科クリニック治療室画像大阪矯正歯科センターでは、分割払いが可能です。

費用の支払いは分割払いを利用することで初期費用を抑えながら治療を受けることができます

大阪矯正歯科センターでは、通常の医院は5万ほどかかるカウンセリング・レントゲンも、無料で受けることができます

矯正に迷っている方、料金がどれだけ掛かるか分からないので治療を諦めていた方は、まず、相談してみてはいかがでしょうか?

吹田市で人気の矯正歯科

吹田市で矯正治療を行うクリニックが55院存在しますが、そのなでも実績や評判の良いクリニックを厳選しました。

各クリニックの治療費や特徴、口コミなどを細かく紹介しているので、吹田市で矯正歯科クリニックを探している方はぜひチェックしてみてください。

吹田市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

豊中市で人気の矯正歯科

豊中市で矯正治療を行うクリニックは74院存在しますが、中央区・北区に歯科医院が密集している大阪市と比べると満遍なく位置しています。とはいえ市内にに70ものクリニックがあればどこで治療しようか迷ってしまいますよね。

ここでは豊中市の中から口コミや評判などが非常に高いクリニックを厳選したので、矯正治療を考えている方はぜひチェックしてみてください。

豊中市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

摂津市で人気の矯正歯科

スーパーや公園などが充実していて、ファミリー層にやさしい環境の摂津市。そんな摂津市の歯医者さんは小児歯科も併設しているところが多く子供連れでも利用しやすいのが特徴です。次のページでは、摂津市のクリニックのなかから矯正治療が口コミで評判のクリニックを厳選して、5院紹介していきます。各クリニックの特徴を掲載していますのでぜひ参考にしてください。

摂津市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

門真市で人気の矯正歯科

京浜電鉄や大阪モノレールなどが通っていてアクセスの便利な門真市。大阪市に隣接するベッドタウンです。 門真市で矯正治療を行うクリニック31院のなかから、特に評判の良かったクリニックを7つご紹介します。クリニックそれぞれの特徴を知って満足のいく矯正治療を受けましょう。

門真市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

八尾市で人気の矯正歯科

八尾市は大阪市の近くにあり、20万人以上もの人が住んでいる都市。モノづくりの街とも呼ばれていて、電車や高速自動車道などのアクセス面に優れているので交通が便利です。 そんな八尾市で矯正治療を行う医院・クリニックの数はおよそ36院。次のページではそのなかから評判の4院をピックアップして紹介しています。

八尾市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

大東市で人気の矯正歯科

東は奈良県、西は大阪市と接する大東市は産業都市の特徴が表れている市。活気あふれるまちを目指す大東市が行う野崎まつりやだんじり祭りには多くの観光客が訪れます。 そんな大東市には駅周辺を中心に、矯正歯科に対応する医院やクリニックが約13院あります。安心して矯正治療を受けるためにも、事前に各クリニックの特徴を知っておきましょう。

大東市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

堺市で人気の矯正歯科

工業都市として知られている堺市。大阪府の中心に位置していて、史跡や古墳群など多くの歴史的建築物を観光できます。 そんな堺市は府内でも特に矯正歯科を行う医院・クリニックが多く、その数はなんと約110院。次のページではその中から厳選した9院をご紹介しています。矯正治療を受けたいけどどのクリニックにしようか悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

堺市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ

東大阪市で人気の矯正歯科

東大阪市は近畿鉄道やJR、大阪市営地下鉄の路線が多く22の駅があります。また、阪神高速道路や近鉄自動車道の出入り口もあり交通の便は良好。 東大阪市には約71もの矯正歯科医院・クリニックがあります。次のページではその中でも口コミで評価の高いクリニックを紹介していますので、ぜひチェックしておきましょう。

東大阪市で評判の矯正歯科クリニックはコチラ


矯正歯科の基礎知識

矯正歯科の選び方

近年、あらゆるところで矯正歯科を勧めている歯科医院をよく見かけるようになりました。しかし、矯正歯科は、非常に専門性や特殊性が高い医療行為です。安易に歯科医院を選んで治療を受けると取り返しのつかないことに…。治療を受けるなら矯正歯科専門クリニックを選ぶことが重要になります。

一般歯科クリニックで矯正歯科医院を紹介してもらうか、日本矯正歯科学会のような団体のホームページにピックアップされている矯正歯科専門医から通いやすいところを選びましょう。いくつかの矯正歯科専門医院にて実際にカウンセリングを受け詳しく相談したうえで最終的に治療を受ける医院を判断するのがベストです。

正しい検査方法とは?

適切な歯科矯正治療を行なうには、まず様々な資料をもとに判断して口内の状態を検査していく必要があります。資料は基本的に「口腔内写真」「パノラマX線」「顔貌写真」「頭部X線規格写真(セファロ)」「歯列模型」の5つ。信頼できる歯科医を見極める際は、これらの検査資料を見ながら丁寧に説明してくれるかを基準にするのがおすすめです。

治療計画が立てられているのか?

歯科矯正は長い時間をかけて行う治療であり、費用も決して安いものではありません。費用面や時間、治療方法、成功した歯並びの形は人によって異なります。しっかりと治療計画を説明してくれる歯科医師を選ぶことが重要です。

治療のデメリットは説明してくれるか?

歯科矯正に限らず、デメリットのない治療はありません。歯科矯正は、きれいな歯並びを手に入れられる治療ですが、その反面治療中に痛みを伴ったり、治療期間が長くなったり、抜歯が必要になるケースがあります。患者のことを思って治療してくれる医師ならしっかりデメリットのことも話してくれるはずです。

治療例を提示してくれるか?

矯正治療を受ける人の大半は治療が初めて。不安を抱えながら治療を受けることになるため、実際に治療を行った人がどのようにして治ったのか、写真や歯形模型などを提示しながら説明してくれる医師を選ぶのが最適です。不安を解消して治療にのぞめます。逆に事例を出さない歯科医師は要注意。後悔しないためにも、成功事例を見せてくれる医院を選びましょう。

参考サイト:一般社団法人 日本歯科矯正専門医学会 『歯科矯正領域の診療ガイドライン』
http://www.jso.or.jp/guideline/jso_guideline_qanda.pdf


矯正歯科の専門医ってなに?

「認定医」、「専門医」、「指導医」の違い

認定医、専門医、指導医にはそれぞれ以下の特徴があります。

認定医

学会が認めた大学病院や矯正医療機関で矯正治療に関する経験を5年以上積み、学会での発表などで審査に合格した歯科医師を指します。矯正治療を行ううえで十分な技術を持っていると認められた医師のことで、専門医、指導医と比べて数が多いのが特徴です。

専門医

実際に行っている矯正治療の事例を元にした厳しい審査が行われ、合格した医師が得られる資格です。この資格を持つ歯科医師は高い技術を持っているということなので、安心して治療を任せられます。

指導医

矯正治療の専門医を目指している研修医や認定医の指導をするための資格です。指導医の資格を得る条件として13年以上日本矯正歯科学会会員であること、認定医の資格を取得後に矯正治療教育指導歴が3年以上あることが挙げられます。

>>資格を持つ名医を探す<<

厚生労働省認定の専門医資格との違い

専門医の資格は、厚生労働省が認定する資格とそうでない資格に分けられます。本来は厚生労働省から認可を受けた資格を専門資格と呼ぶのですが、矯正治療は比較的新しい治療であるため、厚生労働省の認可を受けた資格がありません。現在の専門医資格は、「日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)」「日本矯正歯科学会(JOS)」「日本成人矯正歯科学会(JAAO)」の3団体が認定しているものです。厚生労働省から認定を受けるために3団体が協議、専門医制度の統一化のため規則を取り決めています。

参考サイト:一般社団法人 日本矯正歯科協会 公式HPへ移動します。
http://www.jio.or.jp/index.htm

参考サイト:公益社団法人 日本矯正歯科学会 公式HPへ移動します。
http://www.jos.gr.jp/

参考サイト:特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会 公式HPへ移動します。
http://www.jaao.jp/

矯正歯科における専門学術団体

日本歯科矯正専門医認定機構

矯正治療の質を向上させ、社会に貢献することを目的とし設立された「日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)」。医師の技術を認定するためのシステムとして、2004年6月から認定専門制度を設立しました。専門医制度で技術を保証することにより、患者さんが安心して治療を受けることができるようにするといった目的があります。この資格取得には以下の認定基準をクリアしなければなりません。

  • 今までに100件以上の矯正治療経験があること
  • 矯正治療の専従医として5年以上の経験があること
  • 100以上ある矯正治療の実績から、審査員が指定した5症例で評価をうけて合格すること

日本矯正歯科学会

日本矯正歯科学会は、1926年に歯科矯正学の進歩・発展を目的に設立された学会です。日本の矯正歯科医を中心として約7,000人の会員が在籍。学術大会の開催や学会誌の出版に加え、患者さんに必要とされる事業に取り組んでいます。日本矯正歯科学会では認定医および専門医制度を用意しており、資格取得をするためには以下の条件をクリアしなければいけません。

日本矯正歯科学会認定医
  • 歯科医師免許を所持していること
  • 歯科医師免許を取得してから5年以上、学会会員であること
  • 学会が指定する研修期間で5年以上の矯正歯科研修を修了していること
  • 学会が認めた書籍に矯正治療に関する報告を発表すること
  • 学会の規定を守ること
日本矯正歯科学会専門医
  • 日本矯正歯科学会認定医資格を所持していること
  • 学会会員を12年以上継続していること
  • 学会が出している10種類の課題症例を治療し、治療結果が学会の定めている合格基準を満たしていること
  • 過去10年以内に、学会の認めた書籍や学術集会で矯正治療に関する発表をしていること
  • 学会の規定を守ること

日本成人矯正歯科学会

日本矯正歯科学会と同じく、矯正歯科治療の進歩・発展を目的として1993年に設立された学会です。認定医および専門医を中心として約1,200名の会員が在籍しています。また、2005年には内閣府に認可されて特定非営利活動法人(NPO)となりました。活動内容は以下のようなものが挙げられます。

  • 国内外から矯正学に詳しい方を招いての講演
  • 学術や症例の展示やコ・デンタル(歯科医師以外で歯科医療に従事している者。受付や技工士などを指す)学術の講演
  • 先進的な矯正治療を行っている医師のセミナー開催
  • 認定医や専門医など認定制度の制定。非会員でも取得できる「歯並びコーディネーター」という資格を用意
  • 矯正治療に関する書籍の発行

など、医師だけでなく医療スタッフも学術について学べるといった特徴があります。また、会員でなくても取得できる「歯並びコーディネーター」は、歯科医師や受付スタッフといった歯科医療に関係している方に申し込み資格がある制度です。

>>専門学術団体に所属する名医を探す<<


矯正で失敗しないために

矯正が失敗するとはどういうことか

矯正治療の失敗例として、治療結果が自分の思っていたものと違ったり治療後元に戻ってしまったりといったケースがあります。患者さんと担当医がしっかりとコミュニケーションを取らなければ、失敗が起こる可能性が高くなるのでカウンセリングや診断時はしっかりと話し合ってください。また、技術や経験が足りない状態で歯科矯正治療を行われた場合も失敗に繋がります。

技術や経験が足りない医師に治療をお願いしてしまうと、不十分もしくは誤った治療をされてしまうといった事態になりかねません。本来、矯正治療を行う医師であれば、歯がどのように動いてどれほどの期間で歯列が変わるかをある程度は予測できます。

途中で治療内容に変更が生じた場合には、その理由や変更によりどう変わるかを患者さんに対して答えられるはずなのです。矯正治療は簡単にやり直せるものではないので、確かな技術と経験を持った医師を選ぶことが治療成功のカギとなります。

失敗を知って賢い患者になる

現在の矯正治療では「歯を抜かずに治す」「周りからは見えない装置を使って治す」といった治療法がありますが、それが患者さんにとって一番良い方法とは限りません。失敗しない治療を受けるためにも、患者さん自身が矯正に関する知識を学ぶ必要があります。

例えば歯を抜かない治療法というのは、歯を抜かずに済むのがメリットです。しかし、あごを広げてインプラントを入れる治療なら歯を抜かずに済むということで数年間続けた結果、突然医師からインプラントを入れられないと言われたケースもあります。

この場合は医師の予測が甘く、計画通りに治療を進められなかったこと、患者さんの口内状況を理解していなかったことが原因でした。元々歯に必要なスペースがない場合は抜歯する必要があり、この患者さんは転医後に抜歯を含めた矯正治療を行いました。

患者さんの状況によって、歯を抜くべきかどうかは変わります。だからこそ、医師がきちんとカウンセリングや診断を通して患者さんの状態を確認することで、失敗を事前に防ぐことが大事なのです。「周りに見えない」「歯を抜く必要がない」といったメリットだけで選ぶのではなく、自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

参考サイト:一般社団法人 日本歯科矯正専門医学会 公式HP『失敗しない矯正治療』へ移動します。
http://www.jso.or.jp/html/ng/

医療ホームページの見方

選ぶならこんな矯正歯科医院

矯正治療を受ける際は、以下の項目を基準に歯科医院を選ぶことをおすすめします。

矯正治療のみ取り扱っている

矯正治療専門であるため、虫歯治療などと平行して治療を行う一般の歯科医院よりも治療経験が豊富です。また、治療内容に変更があった場合にも専門的な対応をしてもらえるといったメリットがあります。

治療例が多く掲載されている

治療例が多い分、実績や経験が豊富という裏付けになります。ただし、その治療例の数が担当の医師のものか他の医師も合わせたものか分からない場合は、カウンセリングの際に直接聞いてみるなどして確認しましょう。

治療前と治療後の違いが分かる写真を掲載している

正面から撮った写真だけでなく、奥歯も見えるなど様々な角度から比較できる写真があることで、参考にしやすいというメリットがあります。また、様々な角度から見ても問題がないという話になり、治療結果の高さをうかがえるのもメリットです。

検査をしっかりと行っている

患者さん一人ひとりに適した治療計画を立てる場合、治療前検査が必要となります。正面や横顔のレントゲン、顔や口の写真での検査をきちんと行っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

こんな矯正歯科医院は要注意

歯を抜かない、マウスピースだけで治ると謳っている

歯を抜く必要があるかどうか、マウスピースだけで治るかどうかは実際に患者さんの状態を診てみなければ分かりません。矯正治療では歯や顎の状態、かみ合わせを確認する必要があり、場合によってはマウスピースだけでなく補助的にワイヤーで矯正することもあります。

一人の医師の意見をうのみにせず、セカンドオピニオン(担当以外の医師に意見を求めること)もやったうえでどのような治療を受けるか決めましょう。

短期間治療を謳っている

この場合はコルチコトミーという手術を行っているかもしれないので注意しましょう。コルチコトミーは歯茎の皮膚を切り、歯の根の間にある骨に切れ目を入れるのですが、歯にかかる負担が大きいといったデメリットがあります。短期間治療がある場合は、どのような治療内容かを詳しく聞いておきましょう。

細かな資料を作らずに治療を行う

治療を行う前には、資料を作るための検査を行わなければいけません。一般的な歯科のレントゲンだけでは、歯をどのように動かせばいいかが分からないため細かく調べる必要があります。細かな検査をせずに作った資料をもとに治療を行うのは、失敗につながる可能性が高くなるので、そのような歯科医院は選ばないのが賢明でしょう。

患者さんによって症状や適切な治療法は変わるものです。謳い文句や治療の速さだけで判断せず、実績や症例など様々な観点から歯科医院を選択するように心がけてください。

>>名医がいる矯正歯科医院を探す<<


矯正治療の種類

ワイヤー矯正

ブラケットと呼ばれる装置を使用する矯正治療。ブラケットにはワイヤーが取り付けられており、歯に接着するとワイヤーの持つ弾性力により歯が矯正される仕組みです。ワイヤー矯正には表側矯正と裏側矯正がよく知られていますが、この2つを併用するハーフリンガル矯正もあります。

ワイヤーは金属製なので強度が高く、様々な症状に対応できるのがメリットです。その反面、表側矯正は目立ちやすいといったデメリットも。また、歯磨きがやりづらいので磨き残しが増え、虫歯になる可能性が高くなります。

ワイヤー矯正をする際は医師から十分なアドバイスを受け、どのようなケアをすればいいのか相談してみましょう。その他の注意点として、歯に金属や陶器の被せ物をしている場合はブラケットが接着しづらいので別の被せ物と交換する必要があるかもしれません。

>>ワイヤー矯正についてもっと詳しく知る<<

マウスピース矯正

透明なマウスピース型装置を使用する方法です。装置が透明なのでワイヤー矯正と比べて目立たず、周囲の目を気にする必要がありません。また、患者さん自身で取り外しができるので食事や歯磨きも普段通りに行えます。

装置には専用の洗浄剤を用意。丸ごと洗うことができるので、清潔に使用できるのがメリットです。また、プラスチック製なので金属アレルギーの方もマウスピース矯正を受けることができます。デメリットとして一定時間以上装着しておかなければならず、装着時間を守らないと計画通りに歯が矯正されません。

マウスピース矯正は取り外している間の時間を計算しながら治療を続ける必要があります。

>>マウスピース矯正についてもっと詳しく知る<<

インビザライン

マウスピース矯正といえばインビザラインのことを指す場合が多く、治療実績も豊富と信頼性の高い治療法です。日本では2006年から導入されており、世界で500万人以上の治療実績があります。マウスピース矯正と同じで目立ちにくく、取り外しが可能といった点は変わりません。

デメリットも共通しており長時間の装着が必要です。また、患者さんの状態によってはインビザラインの治療ができない場合もあるので、インビザライン治療を受けたい場合は治療可能かどうかを確認してもらいましょう。

部分矯正から歯全体の矯正に加え、難しい症状まで幅広く対応できます。矯正と同時にホワイトニングも可能で、より見た目をキレイにできるのがインビザラインの魅力です。

>>インビザラインについてもっと詳しく知る<<

アソアライナー

インビザラインと同じくマウスピース型の矯正治療。韓国の矯正歯科医によって開発されており、日本ではライセンスを持った企業が国内生産を行っています。インビザラインよりも装置の製作期間が短く、早めに治療を開始できるのがメリットです。

1ヵ月おきに型取りをする必要がありますが、続けて歯型を取ることでその時の患者さんに合ったアソアライナーを製作できます。精度が高く新しいマウスピースを製作できる反面、患者さんに負担がかかるのがデメリットです。

また、アソアライナーは部分的な矯正に有効な治療であるため、抜歯が必要な矯正や複雑な歯の矯正には向いていません。前歯を動かしたい、すきっ歯を治したいといった方におすすめの矯正治療です。

>>アソアライナーについてもっと詳しく知る<<

裏側矯正

装置が目立つことに抵抗を感じる患者さんにおすすめの裏側矯正。表側矯正と違って口を開けても目立たないのが最大のメリットです。舌で歯を押してしまう癖(舌癖)も改善しやすくなり、様々な症例の改善が期待できます。

前歯を引っ込めたり歯の表面に対するダメージが少ないといったメリットも。しかし、表側矯正と比べて治療が難しいため、裏側矯正は高い技術と豊富な実績を持つ医師のもとで受けるのが大切。

また、裏側に接着するので違和感があり、発音がしづらいといったデメリットが考えられます。ただ、どちらも1~2週間ほどで慣れるので、その後は問題なく治療を継続できるのでしょう。もし違和感が拭えない場合は、一度担当の医師に相談してみてください。

>>裏側矯正についてもっと詳しく知る<<

セラミック矯正

改善したい歯を削り、歯にセラミッククラウン製の被せ物をします。一般的な矯正と違い歯の位置は動かさないので、短期間で治療できるのがメリットです。期間で比べるとワイヤー矯正の場合は数年かかりますが、セラミックは数ヵ月で完了します。

人工歯をかぶせるので、出っ歯やすきっ歯、黄ばんでしまった歯にも対応できるのがセラミックの強み。しかし、セラミック矯正では必ず歯を削る必要があるので、歯の状態によっては神経や歯を抜かなければいけないことも。

歯の部位や素材によっては費用が高くなる可能性があり、自由診療のため保険がきかないというデメリットがあります。セラミック治療は費用に余裕があり、削っても問題ないという方や早く治療を済ませたいという方に向いている治療です。

>>セラミック矯正についてもっと詳しく知る<<

子供の矯正

子供の矯正治療は乳歯が残っている時期に行う第一期治療と、永久歯が生え揃った時期に行う第二期治療に分けられます。治療は永久歯に生え変わる6~10歳にかけて始めるのがおすすめ。

永久歯になった後に治療する場合、歯を整えるためのスペースを確保するため抜歯することもあります。乳歯であれば矯正装置を使ってスペースを作ることができるので、抜歯の必要がありません。矯正する場合は、早めに治療を始めるようにしましょう。

矯正方法も時期によって異なり、第一期治療では顎を矯正するプレート(顎を広げる装置)やマウスピースを使用したものが主流。第二期治療では大人と同様にブラケット治療を使用する方法が一般的です。

>>子供の矯正についてもっと詳しく知る<<

部分矯正

名前の通り部分的に歯を矯正する治療法です。歯全体を矯正するよりも治療期間が短く、価格を抑えられるのがメリット。前歯の隙間が気になる方や、インプラントや被せ物をするために一部の歯を動かしたいという方におすすめ。ただし、歯並びが極端に悪かったり、かみ合わせに問題があったりすると部分矯正では治せない場合があるのでご注意ください。

代表的なものにワイヤー矯正やマウスピース、インプラント(土台を埋め込み人口歯を取り付ける治療法)などがあります。ただ、歯科医院によって取り扱っているメニューが異なる場合があるので、治療を受ける際はどのようなメニューを用意しているか確認しておきましょう。

>>部分矯正についてもっと詳しく知る<<

外科矯正

外科手術と矯正治療を併用する外科矯正。顎変形症(上顎または下顎の大きさや位置のバランスが崩れていることで起こる)や歯並びが悪い状態など顎に問題がある場合、矯正治療だけでは改善しきれないといった問題があります。

そんなときに矯正治療後に外科手術を行うことで、かみ合わせを良くするだけでなく審美的な改善効果も得られるのがメリットです。

また、外科矯正は「顎変形症といった指定症状の診断」「指定の機関及び施設での治療」といった条件を満たせば保険が適用されます。

デメリットは手術を行う必要があることです。検査のための通院や数週間の入院、術後は口をあまり動かせないのが不便です。また、退院後も顎に負担をかけないよう食事や運動を気に掛ける必要があります。

▼topへ戻る

大阪の矯正歯科口コミ大百科